2010年04月11日

落ち着いた

今週の買い物:


おと×まほの3巻ですが、
バトル充実、かつ、今後の展開に繁がりそうな色々なことも見えてきたり、
で面白くなってきた感じです。
そして、2巻とは打って変わって彼方の行動が男らしいというか、
凛々しいというか、そんな印象を受けますね。
外見は相変わらず女にしか見えないので、そのギャップも面白いです。
今後にも期待。

posted by げんてん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

ノリが違う

今週の買い物:


偶然とはいえ、珍しく技術書が固まってるなぁ。

狼と香辛料の4巻ですが、
前のお話で大儲けしたと思ったら信用買いで一転…みたいなお話になってて、
その様々な局面での主にサブキャラ達の表情がなかなか深くて面白いです。
一度この巻の最後まで読んで筋が分かった上で見直してみると、
あー、あの時のこの表情はそういう意味だったのか、みたいな感じで。
そしてこの後話がどう転がっていくのか、非常に楽しみですね。

ダブルスポイラーは久々の東方シリーズ購入。
本編についてはもう長らく遊んでなかったのですが、
これは前作の東方文花帖のシステムが大好きだったので購入してみました。
で、ちょこちょこ進めてますが、
やっぱりボスの弾幕の間をすり抜けて特攻して撮影するという独特のシステムが、
緊張感があって面白いですね。

ガベージコレクションのアルゴリズムと実装は、
単純に内容に興味があったのと、ネットで評判が良さげだったので買ってみました。
まだ読んでませんが、まーそのうち。

マスターボックス6は、MAシリーズの曲の全キャラゲーム版音源CDですね。
まーとりあえずゲーム曲の声はひと通り抑えておこう的な感じです。
これは来週のんびり聴いてみるつもり。

ゲームコーディング・コンプリートは、
ゲームプログラマの業務について網羅的に語った本ということで、
役に立つところも多いかなー、と思って購入してみました。
ビルド/初期化・終了処理/データロード・キャッシング/メインループ/デバッグ とか、
他の本だとあまり書いてないような内容があるのが嬉しいですね。
とはいえまだ中は読んでないので、本当に使えるのかどうかは見てから判断しないと、ですが。

プログラマのための文字コード技術入門は、
この手の情報については調べれば色々と出てはくるものの、
網羅的に扱ったものはなかなか無い状態なので、
手元に1冊置いておきたいな、ということで購入。
これまたまだ読んでませんが、まーぼちぼち読んでみたいとは思います。

posted by げんてん at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

もうちょっと自重してください

今週の買い物:


恐れていた通り買い物件数がひどいことに…。

かみのみっ、は、表紙に悪魔っ娘が見えたので何となく購入。
しかし、中身は苦手な系統のエロコメでした。というわけで続きは買わない予定。

のんのんびよりは表紙の絵がほのぼのして良さげだったので購入。
田舎ののんびりした日々を綴った感じの萌え?日常マンガなのですが、
どうももう一息というか、これは!というポイントがなかった印象。
これも多分続き買いません。

VL-SCRAMBLEはボカロコンピレーションCDですが、
とにかく個人的には好きなPさんが集まってて、
特にシグナルPさん、samfreeさん、かたほとりさんのお三方の
リンオリジナル曲が入ってるあたり、リン廃にとって垂涎の一枚になってます。
あと事前にノーマークだった曲の中では、
幻想LIMITED DOLL

あたりが特に気に入った感じでしたねー。
超お勧めのCDです。

未来日記の10巻は、前の巻から続く vs.11th の戦いに決着が付く巻ですね。
アクション中心の構成でテンポ良く読める感じです。
その中でちゃんと話が結末に向けて動いてるのも感じられて、面白いです。
あと1〜2巻ぐらいで終わりなんでしょうけど、どういう結果になるのか楽しみですね。
で、一方の外伝であるところのパラドックスですが、
前の外伝(モザイク)がシリアスタッチだったので同じようなものを期待してたら、
何と今回はギャグテイストの内容で一瞬ずっこけましたw
しかし、そんな中にもちゃんと本編のお話と繁がりそうな要素が
いろいろとちりばめられていて、
最後のオチも含めると良く出来た構成になっててちょっと感心しました。

RATMANの6巻ですが、新章突入して急に話が重い&暗い感じに…。
どうもこのマンガはギャグテイストとシリアステイストを
定期的に混ぜながら進むスタイルで行くっぽいので、
まー好みじゃないけど仕方ないと思うしかないのかな、と思ってきました。
しかし、おまけマンガとカバー裏には癒されたかも。

放浪息子の10巻は、久々にほのぼのとした気分で読める巻ですね。
ここしばらくのゴタゴタが結構片付いて良い方向に転がり始めた時期のお話、みたいな。
しかしラストから今連載中のあたりで次なる問題に進んでたりするので、
まだまだこの先どうなるのか余談を許さない感じではありますが。

咲Portableは原作キャラの能力っぽい機能が付いた麻雀ゲームということで、
どんなものか気になったので購入。
ぽちぽちとストーリーモードを遊んだりしてますが、結構難易度は高めな印象もあります。
そのうちアドホックパーティを使って通信対局もやってみたいなー、
という気はしてるのですが、まだやってません。

Project DIVAマスターブックは主にインタビューとかが気になったので購入。
各曲やモジュールについて、それぞれ作者とSEGAスタッフの両方のコメントが載ってたり等、
そっち方面ではかなり充実した内容になっていて、個人的にはなかなかいい買い物でした。
一方、攻略関係に関しては結構おまけ程度な感じなので、
攻略本が欲しい、というだけの人は実際中身を見てから買わないと、
損したと思うかもしれません。

VOCALOIDをたのしもう vol.4も、これまたインタビュー系記事目的で購入。
このシリーズはいつも通りというか安定した情報量ですね。
好きなPさんが載ってるかどうかで選べばいいと思います。
ただ今回は2回目のインタビューになる人が多目な印象なんで、そこだけ注意かもですね。

痛Gのvol.7ですが、何か刊行ペースがゆっくりになってきてますね。
まーあんまり頻繁に出されても基本ネタがマンネリなんで、
今ぐらいのペースでもいいのかも、という気もしますが。
しかし載ってる痛車の出来は年々着々とレベルアップしてきている印象ですね。
またどっかのタイミングで見に行きたいものです。

月姫の8巻ですが、ついにラスボス戦スタート!な感じなんですかね?
この巻はバトル中心な構成なんで、一気に読める感じです。
あとはお話がどうまとまるのかを楽しみにしたいと思います。

すりーさんの2巻ですが、
1巻と比べるとゲーム業界ネタが減って日常ギャグが増えた印象。
まーPS3が昔ほど不遇ではなくなったので、あんまりネタがないのかもしれませんがw

こーしょー19さいは、小学生が声優をやるお話、ということで、
え、それってこえでおしごと!のシチュエーションをもっとぶっ飛んだ感じにしたもの?
というあたりで気になったので購入してみました。
で、実際に読んでみた感じだと、さすがに主人公が小学生なので、
こえでおしごと!みたいな羞恥プレイ的な描写は全然薄い感じで、
もっとライトに楽しむ感じのギャグ4コマになってました。
まーこれはこれでアリかもなー、という感想です。

posted by げんてん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

本命は別だったり

週の買い物:


来週の買い物が多すぎて不安だ…。

グッドエンディングの2巻ですが、
ようやくこのマンガの本領発揮というか、お話がドロドロになってきます。
正直昼メロ的展開を見たい人以外は見ないほうがいいんじゃないかな?という感じですが、
個人的にはどストライクなので、楽しんでます。

M・S DOLLSの2巻ですが、
1巻では何か中途半端なバトル物になっちゃってる印象だったのですが、
ギャグとして面白くなってきたし、
バトル部分にしてもうまく設定を活かした感じになってきて、
一気に良くなった印象です。
この巻の終わりで丁度1つの話の区切りみたいになってるので、
続きがどうなるのか気になります。

いちばんうしろの大魔王ですが、
これまたバトルをギャグとしてうまく消化出来てて面白いです。
あと無駄に裸が多いのも相変わらずですが、
変にエロくならずに馴染んでるので、今のところまーいいかな、と。

タグ:マンガ
posted by げんてん at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

重複?

今週の買い物:


magnetは同人版も持ってるのですが、新曲も気になったので購入してみました。
新曲もなかなか良かったし、既存曲のmixも変更になって聴きやすくなってたりしたので、
これは買って良かったかなー、という感想です。

World 0123456789はwowakaさんの新譜ということで購入。
1曲を除いて全て新曲ということでしたが、残念ながら自分の好みには合わなかったです。
うーん、もうちょい買う前にしっかり試聴とかしておくべきだったか。

PSP-3000のイエローですが、
黄色が不人気のため出荷終了になったという情報があったので、慌てて確保してきました。
もし新機種が出たとしても、不人気色が出る可能性は低そうですしねー。

posted by げんてん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

ひと休み

今週の買い物:


今月後半の買い物カレンダーを見てると、今から頭がクラクラしてきます。

S11HTですが、普段はH31IAを使いつつ、
ちょっとアプリとか使いたい時のサブ機として使おうかと思って購入。
んで、H31IAがBluetoothモデムとして優秀なので、
S11HTにはSIMを挿さずにBluetooth接続で使おうかと思っていたのですが、
今のところうまくいってません。
かといってSIM差し替えで使うのは面倒なので、現在色々と模索中。

バクマンの7巻ですが、
連載が結局終わってしまって次の準備を始めたけど編集と方針が合わなくて…、
みたいな感じである意味ちょっと前の状況に戻ったような雰囲気でもありますが、
今回は周囲の状況が以前とはかなり違うこともあって、全然違った展開になってますね。
あと、この巻妙にラブコメ度が高いのに、
メインヒロイン(?)の美保が一度も出てこないのも何とも面白いなー、とか。
終盤まさか蒼樹さんにスポットが当たるとは予想してませんでしたし、
この巻は色々と変化球で楽しめたかな、という感じでした。

MM-HS610はSkype用に購入。
ゲームやるためのヘッドフォンと同時利用することを想定していたので、
とりあえず小さくて邪魔にならないものを、ということでこのチョイスになりました。

SDHCカード2枚は、それぞれH31IAとS11HT用です。

posted by げんてん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

飛ばすと大変に

先週と今週の買い物:


先週今週と週末が忙しくてバタバタしてました。
しかも、まだまだ消化し切れてない感が…。

ラブんラブの2巻は、1巻で綺麗な四角関係だった4人に
外部からの干渉者が現れてひっちゃかめっちゃかのドロドロに?
と思わせておいて、ラブコの強引とも言えるテンションで
明るい方向に軌道修正しちゃいました。
作者の過去作品からするとちょっと予想外の展開でしたが、
これはいい意味で期待を裏切られたというか、素直に面白かったです。次巻にも期待。

クレア嫁撃は、何となく表紙買いしてみたものだったのですが、
中身は苦手なタイプの無駄にエロい感じのラブコメで、ちょっと合わなかったです。
てことで、これは次巻は買わないでしょう。

ネギまの29巻は、魔法世界編最終決戦(?)前の下準備編ぽい内容ですね。
ちょっとラブコメ分多めでの箸休め的な。
たまにはこういう巻もいいんじゃないでしょうか、ぐらいで。

レガシーコード改善ガイドは/.Jあたりで概要見て良さげだったので買ってみました。
が、まだ全然読んでません。まーそのうち。

同人はっけん伝は、何となく題名が気になったので購入。
中身はいちごらしく、不自然に裸とか出てきたりもするのですが、
このマンガの場合それがきちんとギャグとして溶け込んでいて全然エロくないというか、
普通にシュールギャグものとして楽しめた感じでした。
まー一巻完結なので、さらっと読む分にはいいんじゃないでしょうか。

ボカロCD3枚は、それぞれ
すべてが終わってしまう前に

星空と雪の舞踏会

ヒト(リ)ゴト

あたりを目的に買ってみました。
中でも「雪の夜の願いごと」が個人的に好みの曲が多かったなー、という印象です。

ZU-650B-KAは、最近いくつかパーツを足したせいか、
デスクトップ機が電源容量不足と思われる症状で不安定になっていたので購入。
運悪く初期不良を引いてしまうというトラブルはありましたが、
交換してもらった良品では無事マシンが安定動作するようになったので満足です。

百舌谷さん逆上するの4巻は、夏休みも終わり登場人物が増えたこともあってか、
色々と展開がめまぐるしく変わる巻だなー、という印象でした。
大きな山場っぽいところこそあまり感じませんでしたが、この巻も面白かったと思います。

アイドルマスター ボーカルコレクション 01は、久々に買ったアイマスCDですね。
目的は主にFO(U)Rだったのですが、やっぱこの曲はいい曲です。
一方、他の曲に関しては、どうしてもここ最近の曲ほど
質が下がっているように思えてなりませんでした。
とりあえず、本編の2では以前の輝きを取り戻してくれることを願って止みません。

建安マエストロ!は何となく絵が気になって買ってみたのですが、
これ三国志の曹丕を主人公にしたガチ歴史物っぽいという、
何とも予想してなかった内容でした。
しかし、なかなか丁寧な内容で面白かったです。とりあえず続きも買ってみようかと。

ウタヒメ!は人間型オーディオプレーヤーが完成した未来世界が舞台で、
特別な能力を持ったオーディオプレイヤー(ウタヒメ)の力で世界を救う、みたいな、
なんというかその場のノリと流行りだけで作ったかのような物語だったりするのですが、
結構テンポが良いのかそこそこ読めるなー、という印象でした。
が、最後打ち切りっぽい終わり方になってて、そこは残念だったなー、とも。

大奥チャカポン!は、江戸時代が現代まで続いていたら?
みたいなパラレルワールドを舞台にしたギャグマンガなんですが、
これがキャラがかわいくて良く動く上にテンポも良くてなかなか面白かったです。
今後にも期待ですね。

危機之介はこの巻で完結ですね。
しかし、最後盛り上がらなかったというか、正直あまり楽しめませんでした。残念。

月姫の7巻ですが、
とにかくページから伝わってくる迫力が凄く、読んでて圧倒されっぱなしでした。
物語の謎が一気に明かされていく展開が読んでて心地良く、とにかく素晴らしい出来。
さらに、この巻はアルクェイドが殺人的なまでにかわいく描かれていて、
イチャイチャしているシーンでも存分にニヤニヤ出来ること間違いなしです。
いやー、すごい。このテンションで続刊にも期待しています。

パーツのぱの2巻ですが、
相変わらず秋葉のパーツ屋の日常の描き方が秀逸で面白いですね。
と同時に、手木崎の過去に関するストーリーめいたお話も並行して進んでたりして、
うまく飽きさせない展開にしてる気がします。なかなか。

H31IAは、何年ぶりだろうというぐらい久々の携帯の機種変更です。
というか、auやめてe-mobileにMNPしてやったぜ、というところで思い切ってみました。
実際通話ほとんどしないし、ケータイサイトもほとんど使ってなかったので、
e-mobile一本にしちゃってもそんなに困らないはず、なんですよね。
しばらくは色々と勝手が違って戸惑うこともありそうですが、
徐々に馴れていければいいな、と思ってます。

posted by げんてん at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

あれ?

今週の買い物:


ちょー!えど幕末伝は、幕末の歴史上の人物たちをかわいい女の子に置き換えて、
歴史に沿ってるような沿ってないような微妙な感じのお話をダラダラと楽しむ感じ?
の4コママンガですね。
難しいことは何も考えずに読めて悪くはないのですが、
一回読んだらそれでいいかなー、的なところもありました。

パプリオーン! みずはらさんは、
声優系の萌え4コマか何かかな?と思って買ってみたのですが、
中身は実在の声優(水原薫)さんをモデルにした半実録っぽい?感じのギャグマンガでした。
モデルになってる方のことはよく知らないのですが、
とりあえず内容的には元気が出る感じでテンポも良くて、普通に面白かったです。

正しい国家の創り方。はこの巻で完結ですね。
正直前の3巻あたりからちょっと微妙?という雰囲気ではあったのですが、
この巻ではダレてダメになる前にうまくまとめて終わらせたかなー、という印象でした。
終わってみればちょうど良い長さだったのかもしれませんね。
というわけで、最後まで楽しませていただきました。お疲れさまでした。

HDCAPPCIEは、HDMI/コンポーネント両対応だったり、PCI-E接続だったり、
と今まで使ってたPV3よりも色々と応用範囲が広そうだったので、
思わずポチってしまった、という感じです。
なお、現在まだまだ色々設定中だったりするので、本格始動になるまでもうちょい掛かりそうです。

WD20EADSは、メイン使用しているデスクトップ機のシステムとデータを分けようかということで購入。
最近古いマシンのほうでやってたことも徐々にメイン機に集合させてるところで、
やっぱ2ドライブあったほうがいいなー、と思ってたので。

音楽CD3枚は…まだ聴けてません。
来週あたりからぼちぼち聴く予定です。

posted by げんてん at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

新刊なし

今週の買い物:


てことで、題名通りなわけですが、
今週買ったのは先週買い始めたCIRCLEさーくるの続きのみでした。

1巻と比べてかなたのテンションがちょっとまったりになったかなー、とか、
時間が進むのにつれてどんどん後輩の新キャラが増えていくのを見て、
そういや開始時には3、4年生いなかったなー、とか、
いろいろありましたが、総じて楽しい内容だったという感想です。
続刊にも期待、ということで。

タグ:マンガ
posted by げんてん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

新規が固まった

今週の買い物:


ひみchuの文子さまは、書評を見て気になったので購入。
導入部分では風紀の厳しいおぼっちゃま&お嬢様高校で、
風紀委員ぽいものにオタ趣味が見付かって大変な目に…みたいな話が展開していたのですが、
一旦ヒロイン文子の同人活動に巻き込まれてからは、
そんな話あったっけ?みたいな見事な放置っぷりになってますね。
その後はただひたすら厨二病な登場人物とのおバカなやりとりで笑う感じに。
結構ギャグとして面白いし楽しめるのですが、
ヒロインの文子さまの設定がどう見ても○○で、ネタとして不謹慎だろ!とか、
チャンピオン系の性なのか不自然にエロサービスカットが入るところとか、
微妙に読んでて引っ掛かる部分もありますね。
まぁ、もうしばらくは読み続けてみます。

ぽすからは、美術系予備校に通う男女たちのほのぼの恋愛モノ?っぽい4コマですね。
主人公の白樹とヒロインの茜がどっちも奥手で、
周囲からからかわれながらも仲良くなっていく様をニヤニヤしながら眺める構図、というか。
しかし予備校ものでしかも結構作中の時間の進み方も早いので、
次の巻ぐらいには実際に受験になってしまいそうですけど、
どういうオチになるのか気になるところですねー。

ルカのねんどろいどですが、
どちらかというとルカ本体よりもたこルカが欲しくて購入。
たこルカチャームよりも元絵に似てるというか、かわいさが忠実に再現されてて良いですね。
あ。もちろんルカ本体もいい出来だとは思いました。
が、相変わらず白なことにはちょっと不満ですw

おとこの娘のトビラは、冬コミで出てたらしいMOSAIC.WAVの新譜ですね。
通販で買うと1000円余分に掛かるのがイタいところですが、
まぁ買えるだけでも良かったというところで。
で、まだ聴けてないのですが、それにしてもこのジャケ絵は恥ずかしいwww

CIRCLEさーくるは、現在の最新刊の3巻の表紙がすごい気になったので、
まずは1巻を買ってみた、って感じです。
大学の漫研を舞台にしたお話ですが、あんまり濃いオタネタを扱った感じではなく、
どちらかというとヒロインのかなたのかわいさを堪能する作りになってると思います。
そしてこれがまた個人的にどストライクだったというか、
見ててニヤニヤが止まらな感じで非常に良かったです。
近所の本屋には2巻は見当たらなかったので、
明日以降会社の近くかどっかで続きを買おうかなー、と思ってます。

posted by げんてん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

どんなかんじ?

今週の買い物:


ボーカロイド+DTMで 音楽をはじめようですが、
Music Maker 2でのオケの作り方が載ってるのかなー、と期待して購入してみました。
が、中身はどちらかというとCubase中心の構成で、MM2に関してはちょろっと、
という感じだったのは期待外れだったかも。
それにしても中の絵に色々とVOCALOIDキャラが使われてるのですが、
それがほぼ全てAHSとインタネのぼかろだったのがすごい珍しいなー、と。

モテキの3巻ですが、いい感じに全編修羅場ってますね。
幸世の撤退っぷりがあまりにも惚れぼれするぐらい徹底しすぎてることと、
オム先生が入ってきて喪男が2人になったのとが合わさって、
何ともカオスな感じで良かったです。
けどこれで話が収束するのかな?と思わせておいてあのラスト。
もう1巻で終わりらしいですけど、最後どうまとめるつもりなんだろ。

大東京トイボックスの5巻ですが、
ゲームの仕様変更を強行しようとする太陽vs.その他の人、
という構図を前の巻の後半あたりからずっと引っぱってますね。
過去話なんかも踏まえてこのお話の核心部分を語りたかったのかもしれませんけど、
正直ちょっと描写がクドいというか冗長だなー、と感じてしまいました。
1巻まるまる使ってロクに話が進まなかったな、というか。
とりあえず結着ついたっぽいラストにはなってたので、次の巻には期待しておきます。

ろいぱらの2巻ですが、1巻と変わらず、というか
どうにもこのギャグのセンスは俺に合わないなー、
ということがハッキリしました。もうこの巻で切ることにします。

OpenCL入門は、日本語リファレンス代わりというかそんなつもりで購入。
買ってはみたものの、仕事でも趣味プログラムでも当面使う予定は無いのですがねw

posted by げんてん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

つい

今週の買い物:


未満れんあいの3巻は、前の巻の最後で黒瀬の仕事バレイベントがあってさぁどうする!
というところからなのですが…魅力的な社長が迫ってきてくれたりしてるので、
全然悲愴感とか無かったなーwという印象でした。
つーかこの作品の登場人物の中で一番魅力的な気がするもんなー、社長。
ともえと黒瀬は何というか、現実味がなさすぎる感じがやっぱ強いからでしょうね。

ボクとワタシの〜は、オビの煽り文句に合鍵で侵入とかストーキングとか
不吉な文字が並んでるのに釣られて思わず購入してしまったのですが、
中身は全くドロドロしたところ等感じられない純愛系というかほのぼの系というか。
あーこれは合わないものを買ってしまった、という気分でした。
多分続きは買いません。

神のみの7巻ですが、
今回は1巻ほぼ丸ごと主人公の幼なじみのお話ですね。
それも駆け魂が取り付いてるのかと思いきや実は…みたいな展開で、
前の巻に続いて物語が大きく動いてる感じですねー。
いやこれまた怒涛の展開で面白いです。
台詞も相変わらず決まってるし、やっぱこの作品はいいわぁ。

ハヤテの22巻ですが、
ここ数巻続いているシリアス話がまだまだ続いてますねー。
予告を見る限りあと2巻ぐらいはこんな感じ?
で、実のところ前の巻までは正直読んでてしんどいというか、
そろそろ切ってしまおうかと考えてたぐらいだったのですが、
この巻では話がようやく軌道に乗り始めたというか、
やっと面白さが見出せる感じになってきたかなー、という印象でした。
とりあえずあと2巻、様子見してみるかなぁ。

GEですが、マガジンでやってるドロドロ系恋愛マンガその2って感じでしょうか?
その1は涼風だと思ってるんですが、あちらは絵も話もあんまり好みじゃないのに対して、
こちらは割とドンピシャなんですよね。
しかしこの1巻に載ってる範囲だとまだプロローグというか、
さわやかというか、BOYS BEというかw
本領発揮するのは次の巻ぐらいからになるんでしょうか。
そういや、連載前に載った読み切りの話も好きだったのですが、
そちらは収録されてなかったですね。
そのうち機会があったら載せて欲しいなー。

35歳を救え〜は、どっかの記事(場所失念)で1万人アンケートの結果みたいのを見て、
中身が気になったので購入してみました。
で、中身は文章にしてもアンケート結果にしても、
個人的に感じてる現状とあまり齟齬がないというか、
よく調べてあるしよく書けてるなー、という印象でした。
これは35歳世代自体が読むよりも、
その親世代に今何が起きてるのかを把握するために
読んでもらったほうがいいんじゃないかなー、とも感じてみたり。

最後PS3本体ですが、
特にやりたいゲームがあったとかではなく、
ぶっちゃけ咲のDVDを綺麗に見たかったから、だけの理由で買ってしまいましたw
んで結果としては、何も手間を掛けずに普通に再生しただけで
段違いの綺麗さで再生してくれたので、ひとまずは満足です。
で、せっかく買ったんだから他の有効利用法についても徐々に調べてみますかねー、
といったところで。

posted by げんてん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

あけましていっぱい

先週と今週の買い物:


今さら感も漂いますが、あけましておめでとうございます。

で、まずは冬コミのおかげでCDがたんまり。
とりあえず先週いっぱいでひと通り聴いたかなー、ぐらいですが、
どれも期待通りというところではありました。
あといつものように動画サムネを貼ろうかとも思ったのですが、
多くなりすぎるので省略でw

バクマン。の6巻ですが、
今回は病気のお話ということで、
マンネリになる前にうまく変化球投げてきたなー、という印象。
展開が何というかスポ根すぎる嫌いはありましたが、
まーこのマンガはこれでいいんでしょうね。

ハイジンクエストは某所で書評を見て気になったので購入してみました。
ネトゲ廃人のダメっぷりを堪能するバカマンガなのですが、
まーとりあえずは笑えました。
けどまぁ、割と浅い描写なので一度読めばそれでいいかなーぐらいな感じも。

咲の7巻ですが、ついに県予戦決勝大将戦の結着までの巻ですね。
といいつつ、この巻はとにかく池田が面白い巻です。
0点で死んだ目をしていたところから途中役満を経て終局まで、
とにかく表情がコロコロ変わるのが、かわいくて良いです。
んでとりあえず6巻と7巻だけは買いましたが、
あとはBlu-rayが出ることを祈りつつ買わない方向ってことで。

俺妹の5巻ですが、前の巻の終わり方とアンケートを見てどうなるかと不安だったものの、
蓋を空けてみればやって欲しかった展開に近かったというか、
ぶっちゃけるとちゃんと黒猫中心の話になっててくれて安心しました。
あの終わり方にもかかわらず桐乃中心の話になったら
どれだけgdgdになることやら…というのを心配してたので。
肝心の内容も黒猫+新キャラ中心のお話だったので、
3〜4巻の頃に感じていた停滞感のようなものも無く、楽しく読めました。
この巻もつまらなかったら切り時かなぁと思ってたのですが、杞憂だったようです。
しかし最後の桐乃が帰ってきたお話…あれ自体はいいのですが、
これで次の巻でいつものメンバー中心のお話に戻るようだと、
また3〜4巻の頃みたいな緊張感のない展開になってしまうのではないか、
というあたりを現在心配してたりするところです。

posted by げんてん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

年の瀬ってことで

今週の買い物:


先週の時点で予感はしてましたが、今週は買い物多いすね。

カレンダー2種ですが、ほぼ同じような作りなのにえらい価格差がw
まー、ミクZ4のほうはチームへの応援代込みだと思っておけばいいんでしょうけど。
ピアプロカレンダーのほうは、去年より実用的にはなったんでしょうけど、
イラストの枚数&面積が減ったのは正直残念ですね。
これに関しては実用性より見た目を取ったほうが良かったんじゃないかなー、
と個人的には思ってたりします。

バカとテストと〜は、結構名前を聞いたことのあるラノベのコミカライズだったので、
どんなものかと購入してみました。
結果、個人的には全然楽しめず。
原作とコミカライズのどちらが悪いのかは判断出来ませんが、
とにかく続きは買わないと思います。

xxxHOLiCは侑子さんがいなくなって、ツバサも終わったので終わりかなー、と思ってたら、
何と題名がちょびっと変わって続くみたいですね。
てっきり最終巻だと思って買ったのでちょっと嬉しかったです。
しかし、新展開になってから侑子さんもひまわりも殆ど出てこないので、
登場人物の男率高っw

こえでおしごとの3巻ですが、
今回は文花にスポットが当たったり、全編メイド編とも言える内容だったり、
クラスメイトとの間で今後の展開へのフリと思われる部分があったり等、
次への仕込みの巻?って印象を受けました。
と同時に単純な変態度で言えば1〜2巻よりちょっと抑え目だなぁ、
とも感じましたが、まぁ今後に期待、というところですかねー。

ひゃくえん!は女子高生二人の貧乏共同生活マンガっぽいのですが、
個々のエピソードとしては節約とか貧乏とかそれっぽいエピソードになっているにも関わらず、
何か全体として生活臭がしないというか、不自然さが気になるんですよね。
萌えマンガだから〜と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、
個人的にはちょっと気になって楽しめないかなー、と思いました。

ダライアスバーストですが、まぁ何となく久々のダライアスだし的な感じで購入。
まだそんなに遊んでませんが、良くも悪くもダライアスだなぁ、という印象。
基本覚えゲーの演出ゲーなんで、ちまちま空き時間に遊びたいと思います。

R18!の2巻ですが、
何というか登場人物がやたら多いのにその見分けが付かなくて、
読んでて楽しむ以前に混乱してしまった感が強かったかなー、と。
2回読んでみて、ようやく何とか流れが捕めた気がしましたがw
それにしても偶然なんでしょうけど、
こえでおしごと!に続いてこちらもメイドさんのお話というか、
メイド服でコミケ企業出店のお話というのが丁度かぶっててビックリしました。

マンガ家さんとアシスタントさんとの3巻ですが、
どうも初期の頃と話が変わってきたというか、中身がダメになってきたというか…。
以前は変態だけど憎めないところもある主人公が虐げられながらも周囲とうまくやっていく感じだったのが、
この3巻ではいきなり主人公のことが好き or 気に入った新キャラが登場して、
ただハーレムになるだけという、何だこのマンガ?状態になってしまってる気がします。
これだと超絶つまらないのでもう読む気がしませんねぇ。
ということで、ここで切ることにしようかと思います。

MOONの5巻ですが、
昴vs.ミンミンの予戦編ということで。
暴走してしまった昴ときっちり役を果たしたミンミンの対比といった構図になってますが、
まー前振りだろうなー、という感じはしますね。
この後の決勝でどういう展開になっていくのか楽しみにしたいところです。

.NETのクラスライブラリ設計ですが、
クラス設計でやっていいこと、やっちゃいけないことのパターン集みたいな本?ですね。
とりあえず参照用に購入してみた、というところで。

リンのぬいぐるみですが、まーかわいかったので購入、としかw
大きさ的には先日買ったエトペンよりはだいぶ小さいので、
クッション的に抱くというよりは座らせたりして飾る用な感じですね。
多少稼働する部分があるので好きなポーズで飾っておけるのは良い感じです。

ホリパッドEX2ターボですが、
十字キーがまとも&その他のボタンも以前のものに比べてまともそう、
ということで購入してみました。
純正とは若干操作感が違うところもありますが、まずは馴れるところかなぁ。

posted by げんてん at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

また来週ー

今週の買い物:


あれ?何故か今週買い物の狭間になってるなw

咲のファンブックですが、
某ゲームのための資料とか、あとはインタビューが気になったとか、そういう理由で購入。
イラストのほうは殆ど清澄メンバーばっかりで他校の絵が少ないのがちょっと残念ですね。
一方インタビューのほうはなかなか読みごたえがありました。
とりあえず原作の進行次第なんでしょうけど、第2期も気長に待ってます、ってことで。

並行コンピューティング技法は、
スレッドベースでのプログラムの並行/並列化について分かりやすく解説した教科書的な本ですね。
前半2章で概念を説明して、その後は色々な例を列挙した感じでなかなかいいんじゃないかと思いました。

posted by げんてん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

かわいければよし

今週の買い物:


年中無休★サンタさん!は、表紙がミニスカサンタだったので購入。
中身はサンタの正体は魔法少女だった!みたいな内容ですが、
そんなに面白いともいえず、でも全然ダメだとも言えず、な感じ。
正直買い続けるか微妙な出来ではある気はしましたが、
サンタに免じてもう1巻ぐらい様子見してみるつもりです。

にょたいかっ。は某所で話題になってたので購入。
神様の不思議な力である日突然主人公の体が女性化してしまって…
といういわゆるTS物な訳ですが、
どうも表現とかオチ(まだ完結じゃないので分かりませんが)とか色々中途半端な予感が。
作者はこの手のジャンルでは実績のある龍炎狼牙さんなのに…てあたりで、
やっぱりR-18じゃないので色々ブレーキ掛かっちゃってるのかなぁ。
とりあえずもう一巻続くみたいなんで、最後まで付き合ってはみるつもりですが。

妄想少女オタク系の6巻は、
前の巻までのお話と次のお話の繁ぎっぽい内容なのかなー、という印象。
この巻だけ見るとこれといって大きな事件もないしなぁ、と思いました。
そして、あとがきに書かれてましたがあと1巻で完結だそうで。
どういうまとめになるのか分かりませんが、いいラストに期待したいです。

お兄ちゃん〜の2巻ですが、
いやー、やっぱこのマンガ面白いわ、と再認識。
前の巻の後半から続く三角関係のお話がうまく転がってる印象ですが、
その登場人物がことごとく変態であるので、かなり面白おかしく読めるのが良いです。
一時禁欲生活に入っていた主人公もこの巻の最後にはとうとう陥落して
元の木阿弥に戻ってしまってたので、またアホな姿を見せてくれることでしょう。
今後も楽しみです。

エトペンぬいぐるみは、これで麻雀が強くなるかも?ということで購入w
早速試してみたのですが、残念ながら効果は感じられませんでした orz
とまぁそれはともかく、丸くてふわふわで触り心地も良くかわいいですし、
大きさも抱きかかえるのに丁度いいサイズでぬいぐるみとしての出来は良いと思います。

たこルカチャームはストラップサイズのフィギュア?みたいなものですね。
ねんどろいとぷちよりさらに小さいサイズなので細部の再現については…
とか言いたくなるところですが、そもそもたこルカ自体がルカを省略した結果こうなりました!
というネタキャラですので、ちょうど合ってるんじゃないかと思います。
とりあえず実物はかわいいです。
値段も大したことないのでいっぱい集めてみるのもアリかも知れませんね。

posted by げんてん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

だし

今週の買い物:


痛Gは先日あった痛Gふぇすた特集の号になってますね。
実際生で見に行ったのですが、このイベントは面白かったです。
で、その圧倒的な台数の痛車の写真がとにかくドッサリ詰まった号ということで、
やはり見ていて圧倒されます。
とにかく色んな痛車を見たい!という人にはお勧めですね。

咲のDVD6巻ですが、
出来ることならBlu-rayで出して欲しいなー、
と思っているのでこれまでの巻は買ってなかったのですが、
この6巻と次の7巻は県予戦決勝大将戦ということで、
最悪将来Blu-layが出なくても後悔しないよう確保しておこうということで購入です。
しかしやっぱDVDだと所々荒いなー、というのを感じてしまいますね(Xbox 360で視聴)。
PS3とかでアップスキャンすれば多少は違うんだろうな、とは思うのですが、
それだけのために本体買うのもなぁ、ってところで。

SupernovaはボカロPのコンピレーションCDですが、
R-18

Desire

脱げばいいってモンじゃない!

とかあたりが目当てで購入です。なお、まだ届いたばかりで聴けてないです。
明日あたりから聴く予定。

posted by げんてん at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

今年もあと1ヶ月

今週の買い物:


アニコイの2巻ですが、
相変わらずというか何というかシュールギャグが面白いのかどうか
自分の中で判断が付かない状況が続いてます。うーん、不思議。
大体はこのぐらい読めば続けるか切るか判断付くんですけどねぇ。。。

ぷちます!はアイマスの人気web漫画、くされ日記のオフィシャル版?みたいな。
かわいくてなごみますし、面白いのですが、とにかく登場人物が多いのと、
アイマス本編キャラに関する説明が一切ないのとで、完全にアイマスファン向けですね。
とはいえアイマス好き以外がこれを買うとも思えないのでそれでいいのかも。

よつばと!の9巻ですが、何だか久々な気がしますねー。
しかし、内容的には相変わらずな感じで読んでて楽しくなるので良いです。
このマンガはこの雰囲気を失わない内は続けて行って欲しいところです。

虫姫さまふたりは元々ゲーセンでそこそこやってたゲームの移植ということで購入。
で、久々だからなのかパターン忘れてしまってるところが多くて、現在苦戦中です。
移植度もちょっと思い出せないところが多いですが、多分良く出来てる感じかなー、と。
まーボチボチ遊ぶつもり。

ねんぷちボカロ01ですが、いつも通り良い出来でした。
しかし、今回寒いせいかやたら関節が固いやつが多かった印象で、
ビニールを外す時に何度折ってしまわないかとビクビクさせられたことか。
そしてそろそろ飾る場所が無くなってきたなー、というのもあって、
色々配置変えをしないといけないなー、と。

posted by げんてん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

終わり方は重要

今週の買い物:


しかし今週、コミック固まって買いすぎだろ…。

ラマーズPのCDですが、
とりぷるばか

ぽっぴっぽー

あたりが目的で購入です。
他にも結構いい曲揃いで当たりな感じでしたね。

ネギま!の28巻は、武闘大会が終わって次のお話への繁ぎ、ってところですね。
しかし色々と伏線が張られてたりするので油断なりませんが。
そういや個人的には魔法世界編に入ってからの展開みたいなのは好みなんですが、
amazonのレビューとか見てると見事に評価がまっ二つで面白いですねぇ。

べしゃり暮らしはねずみ花火編完結、ってところのようで。
ひとつ前のデジきん編ほどの盛り上がりは無かったかなー、
という印象ですが、綺麗にまとまってはいたかなー、と。
で、これで圭右の過去精算編が完了して、次は辻本の過去精算編へと向かいそうですね。
そこが終わってからがようやく本番?てところなんですかね。

ぐりまるの3巻ですが、この巻で完結です。
てか、前の巻まで全然そんな雰囲気見せてなかったのに、
突然の急展開でブツ切れで終わってしまいました。
多分人気なくて打ち切り、とかなんでしょうけど何だかなぁ、って感じです。残念。

銃夢Last Orderの14巻ですが、ZOTT決勝前に色々伏線を張ってるところ、
という感じでちょっとお休みな雰囲気ですね。
まーこれからの展開でどう活かされてくるのか次に期待ってところでしょうか。

ハックス!の3巻ですが、2巻でちょっと止まってた感があったアニメ制作に向けて再始動、
て感じで、1巻のときにあった気持ちよいテンポ感が復活してきてる印象ですね。
このマンガは読んでてワクワク楽しくなってくるので、
このペースで続けていって欲しいです。

未来日記の9巻ですが、
ここ数巻ほどは残った能力者に対しての消化試合みたいな感じで、
今ひとつ盛り上がっていなかった気がしてたのですが、
ついにラストスパート入ったか?ってところで久々に盛り上がってきてると感じました。
しかしこの巻は表紙に出てる二人がメインのお話なので、
由乃の活躍がほとんど無かったのが個人的に残念。
雪輝が妙に主人公っぽく貫禄が出てきてるので、
このまま最後まで由乃が空気のままだったらヤダなぁ、というのが今のところの心配事ですw

咲の麻雀牌は、amazonで69%OFFで売ってるという情報を見掛けて、
思わずネタで購入してしまったのですが、
ぶっちゃけリアル知人集めてこの牌で麻雀するという機会は多分ないので、
使い道ありませんねwww
しかし、今見たら既に売り切れてしまってるようですね(マーケットプレース除く)。
この手の投げ売りっぽいのって割と長期に渡って売れ残る印象があったんですが、
場合によるってことか。

VOCALOIDS☆X’masは、元々結構好きなPさんが参加してたので気になってたのですが、
最終的にはやはりデモソングを聴いてみてから購入を決めた感じになりました。
ですが、まだ封開けてないので明日ぐらいから聴いてみる予定。
そういやmikiの声は個人的には結構好きなほうです。
ミクとリンのちょうど中間みたいな感じかなー、という印象。

あきば浪漫ス!はこの巻で完結の模様。
3巻までと違って、この巻のお話は投げ遣りというか、やる気がないというか、
あんまり読んでて面白くなかったのですが、
作者のやる気が無くなってしまったんですかねー。
終わり方とかあとがきとか見て何か寂しくなってしまいました。むぅ。

神はサイコロを振らない、は何となく表紙買い。
魔法のサイコロの力で大人になっても体が子供のままになってしまった主人公が、
再びそのサイコロの力を使って普通の体に戻るために全部で6個あるのを集める…、
みたいなお話っぽいです。
が、登場人物が全員変態というかブッ飛んだキャラばかりで、
大変バカバカしい展開で進んでいくギャグマンガになってます。
それはいいのですが、どうもその肝心のギャグがあまり好みでなかったので、
多分続きは買わないかなー、という感じです。

断裁分離のクライムエッジですが、
殺人犯の子孫である主人公たちが、
その遺品の特別な力を持った凶器をそれぞれ使ってバトルする感じのダークヒーロー物、
になるのかな?多分。
主人公の切の凶器は鋏で、
それまで誰も切れなかったヒロインの祝の髪を切ったことで仲良くなり、
さらにその祝がその特殊な能力ゆえに命を狙われるのから守ることに…、みたいな。
まー、言ってみれば中二全開な展開ではあるのですが、
なかなかにハッタリが効いてて面白い気がします。とりあえず読み続けてみるつもり。

posted by げんてん at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

いい話ダナー

今週の買い物:


VOC@LOID GENERATIONは、
実谷ななさんの「すべてが終わってしまう前に」あたりが目的で購入。
で、ひと通り聴いてみた感じでは、
他にも花たん(ユリカ)さんの「Transmit」「Lost Story」とか、
桃井はるこさんの「サラリーマンのうた」あたりもなかなか好みでした。
しかし、全般的に歌い手と曲の相性悪い組み合わせが多くね?という印象もあったり。
特にいとうかなこさん担当の曲が全般的に合ってないように思えて残念だったなー、と。

おたくの娘さんの7巻ですが、この巻はすごいです。
ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書けませんが、
過去彼岸荘で何があって、そして今にどう繁がっているのかということが明かされています。
これまでのお話でちりばめられてた伏線がいい感じに活かされてて、
読み進める時の驚きと納得感のブレンドが気持ち良く感じられます。
そして遂に明かされる秘密がすごかった。
…いや、確かにこの流れだとこうなっておかしくないのですが、
今までに読んだマンガで見たことの無い展開だったので正直驚きました。
いやー、面白かった。この話を踏まえて今後どうなっていくのか目を放せないです。

コミカプは何か昔買ってたエロマンガ誌でよく見掛けた名前を久々に見て懐しくて、
というのと、マンガ家マンガが好きなので、という理由で購入。
双方が共に漫画家を目指してた幼なじみ同士で、
相手に先にデビューされて焦っている女の子が主人公、という構図のマンガですね。
で、タイトルからして恋愛モノなのかと思いきやそういう要素はかなり少な目で、
マンガの投稿、連載、アニメ化、打ち切り等々普通にマンガ家としての活動が中心の構成な模様。
なかなか雰囲気が良くて一気に読ませる感じで結構好みかも。

トランジスタティーセットの2巻ですが、
1巻は秋葉原無線商店街という街にスポットを当てた構成だった感じでしたが、
2巻は登場人物(すず、みどり)にスポットを当てた構成、という印象。
お話として一度こういう方向の話をしなければいけないから、ぐらいだったらいいのですが、
今後もキャラ中心の構成で行くなら個人的にはちょっと好みじゃないかもなー、という感じです。
やっぱこのマンガは街の描き方にこそ特徴があった気がするんですよねー。

ヘッドセットEXは、どうも最近フレの間で声が聴こえにくいと評判が悪いので購入してみました。
とりあえず純正ヘッドセットと装着の仕方が違うので
ヘッドホン併用の時の付け方にひと工夫必要そうでしたが、そちらは何とかなりそうな感じ。
あとは実地で試してみてどうか、というところですね。
しかしこれもダメだったら次はどうしよう…といったところで。

posted by げんてん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。