2011年02月21日

多分最後

今週の買い物:


榊美麗のためなら僕は…ッ!!は、
フルカラーというのが気になったのと、コミックハイだから、ということで購入。
内容的には、コミックハイにしては奇を衒ったところが少ない印象ですが、
なかなか微笑ましくてニヤニヤ出来るシチュエーションが多くて楽しかったですね。
これは多分続きも買うと思います。

うららちゃんのナカの人は、
主人公の貴春が、とある実験の結果幼なじみのうららの体の中に意識が移動してしまい、
二人の意識が1つの体に同居することになり…みたいなお話です。
なのですが、この主人公、自分は二次元にしか興味がないと言い切る真性ヲタということで、
こんなシチュエーションにも関わらずあんまりサービスシーン的な展開にはならないという。
でも、これはこれでドタバタものとしてなかなか楽しいので、
今の雰囲気で続けていってほしい感じかなー、と思いました。
これも多分続きも買うかな。

ネギま!の33巻ですが、
この巻はずーっとバトルしながら塔を登っていくだけな感じの巻ですね。
みてて楽しくはあるのですが、ずーっとこれだけだとちょっと単調かなぁ、
と感じてしまう巻でもありました。

MvsC3は、
何となく買ってみたんですけどまだ未開封状態です。
つーか先月かったアルカナハート3もまだ未開封だし、
格ゲーばっかりこんなに積んでどうするんだwって感じですが。

ハヤテの27巻ですが、
ナギがマンガ家を目指すおはなしが中心で、
なんというかほのぼのしていて結構好きな雰囲気ですね。
こういう展開がずっと続けばいいのに…なんて気もしますが、
既に次のストーリーの前フリ的な部分もチラホラ見え始めてますね。
どうなるのか気になります。

M・S DOLLSの4巻ですが、
闇の四天王っぽいのとの戦いがもっと長引くのかと思いきや、
なんかこの巻であっさりと片付いてしまってちょっと拍子抜けでした。
そしてラストがやけに最終回っぽい展開だったので終わりか?と心配になってしまいましたが、
特にそう言うわけでもなさそうなのでちょっと安心しました。
しかしこれ続きがどうなるのかさっぱりわかんないですな。

さて最後に。
このブログもそこそこ長いこと続けてきましたけど、
最近は書くのがしんどくなってきてたので、ここいらで更新停止しようかなと思います。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

posted by げんてん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

バラエティ

今週の買い物:


コミカプはこの巻で完結ですね。
主人公二人がそれぞれ成長し、自分のマンガ家としての生き方を見出して、
いい感じのハッピーエンドに収まったんじゃないでしょうか。
二人の関係にもきっちりと決着がついたし、新キャラも楽しかったし、
言うことのない締め方だったと想います。いいマンガをありがとうございました。

パプリオーンみずはらさんもこの巻で完結です。
なんですが、前の巻までの半実録っぽい雰囲気から一転、
冒頭から突然みずはらさんが伝説の台本の影響で7人に分裂して…という
ファンタジーな展開になっています。
まーこれはこれで面白かったのでいいですけどw

カウントラブルの3巻ですが、
この巻では三角関係の構図がはっきりしてきた印象で、
話が分かりやすくなって、読みやすくかつ面白くなってきた印象を受けましたね。
この調子で続いていって欲しいなー、という感じです。

円卓の生徒は、
久々にWizタイプのRPGをやりたくなった…というわけではなく、
100年前に魔王に敗れた英雄(男)が転生して主人公に、というシナリオで、
何故か女性として転生することが可能、というあたりが気になっての購入だったり。
とりあえずまだちょびっとしか遊んでませんが、
ダンジョンRPGとしてはかなり遊びやすく気を使ってる感じというか、
丁寧な印象を受ける作りでなかなか楽しいですね。
最近色々と家でやることも多くてまとまった時間が取れないので
どこまで続けられるかちょっと心配ではありますが、出来るだけやってみるつもりです。

たこルカぬいぐるみは、
先日買った肩のりサイズより一回り小さいものです。
本来ならこちらのほうがかなり安いはずなのですが、
Gift通販の送料を入れたら結局肩のりサイズとほぼ同じ値段に…。
しかしまぁ、2体重ねるとかわいさも倍増なので、まーよしとしておきます。

ボカロCD3枚は、
まだ買ったばかりで全然聴けてない状況ですね。
これまた来週のんびり聴いてみるつもりです。

革命の日と続・革命の日ですが、
某所で度々話題にでるので購入してみた、という感じです。
内容的には15年間男として生きてきた主人公が、
ある日倒れて病院で診断してもらったところ実は女だったと判明して、
女として生きて行くことを決心し…、みたいなお話です。
しかしこれ、性転換ものとしてみると美味しい部分はすっ飛ばされてしまってる印象もあり、
主人公がある程度女性の格好とかに慣れてる状態から始まるのがちと残念ですね。
あとはまぁ、男性が苦手で男っぽい女の子の恋愛話的な展開というか。
悪くはないけど何となく期待外れだったりもするかなー、ぐらいな感じでした。

posted by げんてん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

ねた?

今週の買い物と先週の書き忘れ:


たこルカぬいぐるみは、
まーとにかく最初にこの動画

を見た時から長かったなー、という印象ですね。
なお、ひとまず1体買ってみて、我慢出来なくなったら他の2バージョンも買ってみよう、
と思ってたのですが、今のところなんとか我慢できてる模様ですw

俺妹のBlu-ray2巻ですが、
3〜4話が収録、ということで原作1巻のクライマックスからコミケ話あたりになってますね。
個人的にはコミケ回での黒猫のいいやつっぷりが見てて微笑ましくて大好きです。

ぎゃる☆がんは、
インタビュー記事とか読んでたらどうしても欲しくなってしまい思わず…という感じです。
とりあえずEASYで1周してバッドエンドだったところまでしか遊んでないのですが、
思った以上にまともに遊べるなー、と感じましたね。
バカゲーを真面目に作ったものは嫌いじゃないです。

posted by げんてん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

どーんと

今週の買い物:


今週は、電撃大王GENESISの創刊から連載していたマンガのコミックが
一気に出たので大変なことになってみたり。

シャナの9巻ですが、
前の巻から始まった戦いの続きで、ずっと戦いっぱなしの巻ですね。
なかなか迫力があるのはいいのですが、ラブ分が足りなかったり、
ずっと劣勢でちょっと息苦しかったり等、微妙に読みづらい感じもする巻でもありました。

夢のクロエは、
普段は裁縫屋をやっているクロエが王城でやっている舞踏会に紛れ込んで
おしゃれで周りを圧倒したり、
舞踏会に着ていくドレスの材料を色んな妖精とかから集めたりするお話ですね。
何というか、独特のきらびやかでかつ優しい雰囲気で、見てて温かい気持ちになる作品ですね。

やさしいセカイのつくりかたは、
海外で研究資金を打ち切られた研究者の主人公の悠が、
当座の生活のために日本の女子高で臨時教師をすることになり、
そこで出会った生徒たちとの恋愛を中心とした日常を描いた作品ですね。
話の中心となるのは、実は天才少女だけどそのことを隠している葵と、
一見ギャルっぽい見た目だけど実はピュアで奥手のハルカの2人のヒロインですが、
個人的にはハルカがかわいくて仕方ない感じです。
しかし、お話的には葵がメインヒロインっぽい流れなのが何とも、なんですよねー。
しかしまぁ、今後どう転ぶか分からないので、しっかり見守っていきたいと思います。

ゴッドシーカーは、
かつての英雄の子孫が治める小国の領主とその妹と幼なじみ?の青年の3人が主人公で、
徐々に近隣の大帝国との戦争に巻き込まれていく様を描いたファンタジーな戦争もの、
だと思います。
なのですが、そういうバックストーリーを持ちつつも、
実はヒロインのナナ(領主の妹)と、幼なじみのオヴの微笑ましい恋愛を
ニヤニヤしながら眺めるのがメインなような気もしますw
キャラの表情が活き活きとしていて、なかなか読んでて面白い作品ですね。

ふわっちょこは、帯にパソコン部とか書かれていたので買ってみました。
ですが、中身はほぼパソコン関係ない感じで、
ただただかわいいキャラを愛でるだけな内容の作品でした。
けど、それだけで乗りきれるほどにはキャラが好みじゃないので、
これは続き買わないかな。

すりーさんの3巻ですが、
この巻はとりあえずキネクトネタが一発ギャグとしてはかなりツボにはまった感じがします。
あと、PS1、サターン、64の時代を描いたすりーさん以前や、
レゲーネタをひたすら続けるれげーさん等、色々なスピンアウト作品が載ってて、
全般的になかなか飽きない構成になってて面白かったですね。
次の巻がいつになるのかは分かりませんが、また続きを楽しみにしておきたいです。

Galleria MR6は、
今までメインで使っていたEarly 2008 MBP(15inch)の買い替え用としての購入です。
買い換えた理由はBoot Campでスライドパッドが効かなくなる症状に我慢出来なくなった、
というのがメインだったりしますが、
せっかく新CPUとかが色々出てきたタイミングだったので、せっかくなら最新型を!
ということでこのマシンにしてみました。
週末に頑張って環境移行とかをやって使い始めたのですが、
さすがに今のところはキビキビうごいてくれて、かなり満足な感じですね。
しかし3年前MBPを買ったときは25万ぐらいしたのに、
このスペックのマシンが11万円台で買えるとは、安くなったものだなぁ、と思ってみたり。

ラベル:マンガ PCハード
posted by げんてん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

まったり

今週の買い物:


ボカロコンピCD2枚は、それぞれ
アンチクロロベンゼン

秘密警察

ネトゲ廃人シュプレヒコール

ドミノ倒シ

あたりが目的で購入しました。
色々忙しかったりでまだ全部聴けてませんが、
他にも結構よさげな曲もありそうな感じですね。

GEの6巻は、
夏休み行事編という感じの巻ですが、
この巻の中に限ればユキとの恋愛が順調に進んでいる印象がある構成になってますね。
ただ、この後またアレだしなぁ、というあたりが、
まぁこのマンガらしいのでしょうけどw

ひみchuの文子さまはこの巻で完結ですね。
結構ネタとしては盛り上がってたように感じたし、面白かったのに、
唐突にブチ切られたような感じはありました。
が、まー最低限体裁を整えて終わったかなぁ、という感じで一応許容範囲かな。
もうちょっと続けられたんじゃないかなー、と思ったのでそういう意味では残念でしたが、
また面白いマンガを見せてもらえれば、と思います。お疲れさまでした。

クライムエッジの3巻ですが、
前巻から続いていたお話に無事結着が付き、さてお次は?と思っていたら、
そちらもまたあっさり結着が付いてしまってちょっとビックリしました。
かなり思わせぶりな登場をしてたキャラだったので、
もう少し引っぱるのかなー、と思ってたのに。
多少残念な気もしましたが、これもこれでアリかなぁ。
そしてラストの引きが超気になる展開になってますね。
ということで、次の巻が楽しみです。

posted by げんてん at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

そこそこ

今週の買い物:


Good Gameはこの巻で完結ですね。
というか、キャラが揃って盛り上がってきて、さぁ続きも楽しみだー、と思っていたら、
何か不自然な書き下ろしマンガがあって、更に作者のあとがきで終わりだと知る、という。
なにこの唐突な打ち切り…な感じです。
うーん、人気出なかったのかなぁ。もったいない。

俺妹のサントラですが、
完全に最終トラックの「めてお☆いんぱくと」のためだけに購入、ですね。
他のトラックは1トラック目がIronyのTVサイズ版で、あとは全部作中のBGMですが、
BGMはまー、一度ぐらいは聴いてみましたがそれっきり、
Ironyは元々フルサイズのCD持ってるし…て感じで。

ハナムラさんじゅっさいは、
少年誌の新人賞を取って以来鳴かず飛ばずで30歳を向えようとしていた
主人公のハナムラが、ひょんなことから携帯サイトでエロマンガを連載し始めることに…
みたいな感じの半実録マンガということのようです。
話の中心になるのは主人公ハナムラと
エロマンガの担当の美人編集白井さんとのやり取りという感じになってますが、
この2人を含めて周りの人達も気持ちが良くてキャラが立っていて、
また、話のテンポも良くてかなり面白かったです。
で、webで続きもやっていますが、そこも含めて一気に読んでしまいました。
これは続刊が出たらまた買うつもりです。

アルカナハート3は、
このシリーズ前から気にはなっていたんですが、
今作でようやくオンライン対戦が出来るようになったということで購入してみました。
で、まだ未開封です。まーそのうちボチボチってことで。

posted by げんてん at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

もうそんなに

先週と今週の買い物:


えー、あけましておめでとうございます。
このblogも2006年からやってるということで、何だかんだでもう5年ですか。
途中からは単なる買い物記録になっちゃってますが、とはいえ結構続くもんですなぁ。

バクマンの11巻ですが、
やっぱりこのマンガは連載バトルが開始されると面白くなるなー、という感じですね。
そしてこの巻のキーパーソンは何といっても岩瀬でしょうけど、
まさかこのキャラがこんなに話を面白くしてくれるとは思っていなかったので、
いい意味で期待を裏切られました。次の巻も楽しみです。

鏡音リン・レンのAppendですが、まー記念というかお布施というか…。
そもそもリン・レンAct.2も一度も持ってるのにインストールしたことないし、
mikiも放置しっ放しだしって感じですしね。
そのうち使うことあるのかなぁ。

ボカロCD類は毎度のことでコミケやその後に買い漁った感じですが、今回は少な目ですね。
Pさん達も最近はあんまりコミケには重きを置いてなくて、
ボーマス中心になってるっぽいのでその影響な気もします。
まだ全部は聴いてないのですが、
とりあえずAVTechNO!さんが、
色々あったけど早々に復帰してくださったようで、ほっとしてたりするところです。

Androidプログラミング入門は、
正月休みに実家でAndroid SDK落としてきてちょこちょこと遊んでたのですが、
web上の情報だけだとちょっと分かりにくいところがあったので、
補強のために購入してみました。
まーボチボチ参考にしながら遊べればな、と思います。

エンジェルフェイクは、
天才科学者(?)の主人公のところに先祖の遺品の美少女ロボがやってきて、
未来を変えるための戦いに巻き込まれていく…みたいなお話っぽいです。
なんですが、どうにも話がとっ散らかり過ぎというか、
読みにくくてあんまり楽しめなかった印象です。
これは続き変わない感じかなぁ。

こみっく☆すたじおは、
マンガ家志望の主人公(相原)はあこがれの格闘マンガ家のところで
住み込みアシスタントをすることになったのだが、
行ってみると、その先生が見た目幼女(いちこ)で…、みたいなお話です。
まー導入としてはそんなバカな、という感じではありますが、
とにかくいちこの行動がまんま子供でかわいく、
さらにたまに過激な行動をやらかしてくれたりするので、
何というかニヤニヤしながら楽しく読める感じですね。
この調子で、あとは表現があまりドギツくならないよう気を付けながら
続いてくれればなー、という感じです。

となりのなにげさんの2巻ですが、
相変わらずなにげさんに癒される素敵マンガですね。
2巻では、妹のレンちゃんが加わって話を引っ掛き回してくれるので、
色々と話の幅が拡がって、更に面白くなったと感じました。
まだ続くみたいなので、今後にも期待です。

posted by げんてん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

まー暮れってことで

今週の買い物:


未来日記11巻ですが、
DVD付き限定版だけ2週間先行販売なんていうアコギな商売にも負けず、通常版を購入。
お話の展開は、ついに由乃の秘密が明かされてクライマックスへ!というところで、
外伝のパラドックスを見てれば予想の付く内容ではありましたが、
描写がしっかりしていて非常に楽しめた気がします。
次巻で完結とのことですが、どんなラストになるのか楽しみです。

こえでおしごと!の5巻ですが、
柑奈の暴走癖がエスカレートしてどんどんエロいことに…。
このネタで続けていくとすると、
そろそろどう収拾付けるの?みたいな感じになりつつありますね。
今後の展開が楽しみなような、不安なような。

アニコイの4巻ですが、
新キャラのミカヅキも、レギュラー陣も共々ぶっ飛んでて面白いことになってますね。
このまま勢いだけで押し切れるうちは押し切っていって欲しいところです。

放浪息子の11巻ですが、
二鳥君が何かを悟ったかのように落ち着いた雰囲気を醸し出していて、
今までの巻と比べるとすごいゆったりした展開な気がしてくる巻になってますね。
しかし、このマンガも小学生編から始まったのが、
もう中学卒業しそうなところまで来てたりして、思えば長いなー、って感じですね。

Snow Leopardですが、
OSをアップデートしたくて買ったのではなく、
ディスクの中に入っているBoot Campのアップデートが欲しくて仕方なく購入、
という感じです。
Windows用のドライバを更新するのに
何で有料のOSアップデートを買わなければいけないのか、と非常に不満な感じですが、
とりあえずドライバの更新によって、
今まで多発していたMacBook Proのスライドパッドでマルチタッチが突然効かなくなる
不具合はひとまず収まったように見えるので、まぁ良しとしておきます。

HATSUNE MIKU CALLENDARは、普通に飾る用に購入です。
しかし、例年はPIAPROカレンダーって名前だったような気がするのですが、
どうして今年は名前を変えたんだろ?

俺妹のBlu-rayですが、
アニメはなかなか楽しませてもらったので、お布施的な意味が一番ですが、
ED曲やキャラコメンタリー映像、書き下ろし小説といったオマケ類も
割とツボを押さえてて良さげだな、と思ったので購入しました。
そして、肝心の中身ですが…とりあえず書き下ろし小説はなかなか面白かったです。
肝心のBD本編は、まだ色々とやることがあって見れてません。
来週あたり暇がありそうな気もするので、その時にでも…。

UCT-002は固定電話ですが、
めったに使わない固定電話とはいえ、たまに掛かってきた時に、
今使ってる電話だとコードが邪魔だったのでコードレスにしたいと思い購入しました。
選択基準は、あまり詳しくもないのでとりあえず見た目と値段です。
とりあえず対した設定もせずにそのまま設置しましたが、
まー多分問題なく動いてる気がしますw

Sweet Homeはこの巻で完結ですね。
1巻から引き続き甘々な展開をしつつも徐々に仲が深まっていく様子が描かれていて、
ほほ笑ましく読んでたのですが、
何かもうちょっと続きが読みたいところで突然終わってしまった気がします。
内容そのものは悪くなかっただけに、ちょっと残念ですね。

でりばり!は宅配マスコットキャラの擬人化マンガですね。
変態な主人公が各ヒロイン?キャラを引っ掛き回してくれるのが
なかなか楽しい感じです。これは続きにも期待かな。

MOONの7巻ですが、
この巻はシュー・ミンミン無双な巻ですね。
申し訳ないけどこのキャラあんまり好きじゃないので、
対決のための前ふりだということで我慢しつつ、続きに期待といったころです。

posted by げんてん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

うへー

先週と今週の買い物:


年末で買い物多い時期なのに1週間サボるとえらいことに…。

おたくの娘さんの9巻は、嵐の前なのか後なのかは分かりませんが、
全般的に力を抜いて純粋に楽しめる内容な巻でしたね。
しかし終わり方を見ると、
この幸せな状況がそのまま続くわけではないことが示唆されてるので、
次の巻ではひと波乱あるんでしょうね。

プリティベルの3巻は、
前の巻のラストからの続きで綾香関係のお話になるのか?と思いきや、
そっちは放置状態で全然別の新たな敵が登場したりで、
ちょっと予想と違う展開になってました。
まーこれはこれで面白いのですが、伏線貼っといていつ回収するのよ!ってことで、
何だか落ち着かない感じですねー。

俺妹のコミック3巻ですが、原作2巻の前半のお話ですね。
しかしまぁ、相変わらず絵に馴れない…ので、
そろそろ買うのやめようかな、とか思ってます。
あと、おまけのあやせフィギュアですが、こちらはなかなか良い出来です。
G's Magazineの桐乃とG's Festivalの黒猫も無事ゲットして、
3体並べて飾ってます。

ユアシェイプは、
Kinect用ソフトがダンエボだけだと夜は遊べなさそうなので、
そんなにバタバタしなくても遊べそう、ということで購入してみました。
しかしこれ、本当にガチなフィットネスソフトで、
ちょっと遊んだだけでふとももがパンパンになるような感じです。
運動にはなるけど、続けていけるのかちと心配だったりw

Crystalloidは、
参加してるPさんにAVTechNO!さん、八王子Pさん、millstonesさん等
好きな方々が多かったので購入してみました。
内容も結構当たりな感じでしたね。

SEVEN GIRLS' DISCORDは、wowakaさんの新譜ということで購入。
とりあえず、
ローリンガール

が入ってます。あとは、リバシブルドールあたりも結構好きな感じでしたね。

まんがの作り方の4巻ですが、
森下が東京に行ったり、恋のライバル?な編集さんが出てきたりと、
色々と話が動いてる感じがする巻でしたね。
とはいえ雰囲気は相変わらずゆるいですが。
まー次からこのメンバーでどう動いていくのか楽しみにしたいと思います。

ももかコミカライズドは、
少女マンガ家志望の女子高生ももかが、
何故か持ち込む雑誌を間違えて萌えマンガ家としてデビューしてしまい…
みたいなお話です。
まー設定としては掴みはオッケーな感じかなー、と思いますし、
絵もなかなか好みではあるので、とりあえず続きも買ってみようかなー、って感じです。

神のみのCDですが、
かのんのハッピークレセントがそこそこ気に入ったので購入しました。
まーアニメ全体の評価としてはそんなに高くもないので
Blu-rayとかは買わないつもりなんですが、
かのんは原作の時から好きなキャラでもあるし、ってことで。

神のみの11巻ですが、
あんまり好きでなかった檜編がようやく終わってさて次は?と思ってたら、
何だかレギュラーメンバーとの日常編みたいなお話でした。
まー次の巻から新章突入っぽい引きにはなってるんで、次を楽しみにしたいと思います。

月姫の10巻ですが、ついにこの巻で完結ですね。
エンディングは何となくもの悲しい感じで終わってしまったなー、と思ってたら、
エピローグっぽいお話があって、そちらはハッピーエンドなのかな?という感じでした。
しかし、今ひとつ展開が掴み切れなかった部分もあったので、
なんとなく最後にしてもやもやした終わり方になってしまった気もしますね。
とはいえ面白い作品をありがとうございました。

すりーさんのドラマCDは、ぶっちゃけジャケット買いです。
しかし、内容に関しては、1枚目のを買った時同様、
良いとか悪いとか以前にやっぱドラマCDとかあんまり楽しめないわ、と再確認。
下田麻美さんの歌うへいろ〜にもちょびっとだけ期待してたのですが、
これもそんなに好きな曲調でもなかったので、残念。
楽しめないと分かってるのにドラマCD買うのは止めとけ、ということですな。

posted by げんてん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

繁ぎと本命

今週の買い物:


IDEOSは、今まで使っていたStreakが最近調子悪くなってきたので、
修理したり次の機種を買ったりするまでの繁ぎに何か一台欲しい、
ということで安くてそこそこ情報も揃ってるこの機種を購入してみました。
まーネットとかで言われている通りというか、
小さくて軽い代わりに解像度とか性能とかの点で微妙、
という点も含めて予想通りという感じでした。
まーでもしばらく凌ぐ用途と考えると、十分かな。

MDT231WGは、ついに三菱のこのシリーズが縦画面対応してくれた!ということで、
発売と同時にポチってしまいました。
一応価格の比較とかもしてみたんですけど、
10%ポイント付くようだったので安売り店と大差ないかもなー、
ってことでヨドバシで購入。
まだSTGとかでバリバリテストはしてませんが、
少なくとも発色とかは、今まで使ってたW241DGより全然良いですね。
これでしばらくゲーム用モニタは安泰かなぁ、という感じです。

まかまかの2巻ですが、
1巻から相変わらずというか、キャラのぶっ飛び具合が楽しいです。
しかし、本編よりも巻末のおまけマンガのほうが面白かった気がしたのは、
いいんだか悪いんだかw

妄筆ハルシネーションは、何となくマンガ家モノっぽかったので買ってみたのですが、
内容は女性マンガ家が自分の肉体を参考にエロくて熱いマンガを描く、といった感じで、
何というか濃厚で暑苦しいエロス全開な内容でした。
どうせならこれ18禁でやれば面白そうなのに…という感じで、
一般誌でのこの手のやつは避けておきたい感じなので、次は買わないつもりです。

ironyは、表題作のために購入、ですね。
まーkzさんだし、俺妹も面白いし、ってことでご祝儀的な感じです。

ねこむしのあしあとは、猫虫さんの新作ということで作者買いです。
特にこれが目的!とか無かったんですが、
繰り返し一粒

あたりがなかなかいいかなー、と思いました。

posted by げんてん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

集中するにも程がある

今週の買い物:


1日にコミック6冊同時発売とかなんだこれ、って感じですw

僕は友達が少ないの5巻ですが、
いやー、相変わらず星奈かわいい。
とまぁ、それはともかく、幸村の秘密の件に関しては、
さすがに予想が付かなかったというか、してやられた!と思いました。
そしてラストは3巻同様超続きが気になる引きになってますね。
あー次が待ち遠しい。

怒首領蜂大復活は、
まー前々から気にはなってたものの、実はゲーセンでは全く遊んだことがなかったので、
これを機に購入してみました。
しかしダンエボやら何やらで忙しくて、
まだノービスで1回遊んだ程度で全然やり込めてません。
まーそのうちってことで。

3Dゲームファンのためのグラフィックス講座は、仕事の参考資料ですね。
しかし真面目な本なのに、表紙がラブプラスだったのにはちょっと笑ってしまいましたw

よつばとの10巻ですが、
毎度ながら安定した面白さですね。
そして今回最大のみどころは、電気屋の回の風香でした。
いやー、いいもの見させてもらった。

大奥チャカポン!はこの巻で完結ですね。
しかしながら、お話を拡げ始めたところで
まとまらないまま無理矢理終わらせてしまったような感じで、
正直消化不良な出来だなー、と思いました。残念。

R18!の3巻ですが、
何というかいい感じに里佳子が変態度を高めていってるなー、というw
このマンガはまぁ、こういう路線で突っ走っていって欲しいです。

ツンぷに食堂の2巻ですが、
なんかやたらとゲテモノ料理率が高い感じでしたねー。
ギャグとしてはまぁ定番の形になってるんだと思いますが、
この巻に限ればちょっとまとまりが無さすぎな印象もあったかも。
とりあえず次にも期待しておきます。

ぽすからはこの巻で完結ですね。
いやー、このリア充どもめ!と言わざるを得ない感じでしたが、
最後まで微笑ましい感じで読めました。
いい最終回だった、ということで、面白い作品ありがとうございました。

パーツのぱの3巻ですが、
週アス本誌に載ってたもの以外に
秋葉で配布していたフリーペーパー版に載ってたマンガも収録されてたんですね。
どっちも違和感なくお話が続いてる感じで、安定して面白かったです。

posted by げんてん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

まるごと!

今週の買い物:


ボーマス14があった、ということでボカロCDをそこそこ購入、とか、ついにKinect発売、とか。

infraredは、
パラダイムシフト

あたりが目的。

楽園の窓は、
ネリの星空

あたりが目的。

Rainy Storyは、すこっぷさんの新譜ということで、作者買い。
トップシークレット

あたりが好きな曲、ですかねぇ。

Silent Noiseは、fatmanさんの新譜ということで、作者買い。
ディスコミュニケーション

ピリオド

あたりがお気に入りですね。

涙色アルバムは、
黒いつばさ

あたりが目的。

こえでおしごと!のBlu-rayは、
あの原作が映像化されたらどんな感じなのか気になったので購入してみました。
が、映像の中にやたらめったらエロゲの中の直接的な描写が多かったり、
アングルもエロを強調したものが多かったり等、
原作の、直接見せないけどセリフ等で笑わせる方向の持ち味を
殺してしまっている気がしました。
絵の見た目も何かあかぬけてなくて、色んな意味で残念な出来だった、という感想ですね。
てことで、2巻も予約してたのですが、1巻見てキャンセルしてしまいました。

ネギま!の32巻ですが、
ラストダンジョン?への突入直前の準備&前哨戦という感じの構成ですね。
決戦に向けて徐々に盛り上がっていく感じがなかなか楽しいです。

ハヤテの26巻ですが、
個人的にツラかったアテネ編が前の巻でようやく終わって、
久々に好きなナギが大活躍ということで、読んでて面白かったですね。
やっぱりこのマンガに関しては、ギャグテイストなほうが読みやすいです。

べしゃり暮らし11巻ですが、
YCAスクールに入ってどんどんコンビが脱落していく巻?
次の展開への布石っぽくもありますけど、まーこれはこれで。

Kinectとダンエボは、
純粋に新デバイスが気になった、というのと、
ローンチで一番楽しめそう、というのでこの組み合わせで購入となりました。
夏ぐらいからこのために部屋の片付けを頑張っていたおかげもあって、
とりあえずダンエボをプレイするのには困らない状態になっててホッとしましたね。
プレイすると疲れるのであまり長時間は出来ませんが、楽しんでます。
しかし、Kinect付属のキネクトアドベンチャーだと
主に横幅面でもう少し広いスペースが必要なようで、
こちらはうまく遊べませんでした。頑張ってもうちょっと片付けしないとなー。

posted by げんてん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

たまには

今週の買い物:


僕は友達が少ないは、以前読んだコミカライズ版のセリフが面白かったので、
これなら原作でも楽しめるかなー、と思って買ってみました。
まずは1巻だけ買って読んでみて、
問題なく楽しめたので続きも一気に購入、みたいな感じです。
とはいえまだ2巻の途中ぐらいまでしか読めてません。
今週には5巻も出るようですが、まーマイペースで読み進めていこうかと思います。

柏木さんの2巻ですが、
ついに柏木さんの正体がバレ、これで却って心配事も無くなったので、
二人の仲も順調かと思いきや…みたいなところで終わってますね。
まーお話としてはある意味予定調和というか、想像通りな展開ではありますが、
相変わらず絵というか表情というかそういうのが読んでて楽しいですね。
あとひとつ、桜庭のバイト先の店長って…というのが気になりましたが、
これってこの先への伏線だったりするのかなぁ。続きが気になります。

L-BOARD2は、Kinectをモニタの上に設置するために購入しました。
とりあえずモニタ上へのL-BOARD2自体の設置は完了して、
あとはKinect発売を待つのみ、の状態です。

VOICEROID+民安ともえは、テキスト音声読み上げソフトですね。
何となく気分で買ってみたのですが、これ何に使うんだ?という感じではありますw
何かしらの動画でも作ったり配信したりすることがあったら、
その実況用に使う、ぐらいですかねー。

posted by げんてん at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

待ってました

先週と今週の買い物:


ふしぎなジジガールは、ロリババアならぬロリジジイモノ?性転換モノ?みたいな。
表紙と帯から興味をそそられたので買ってみました。
ジジイ言葉の女子高生がなかなかかわいい感じで面白かったですね。
オチがまぁ、自分のことを死んだおじいさんだったと思い込んでいただけ、
というあたりがちょっと肩透かしではありましたが、いいお話だった気はします。

狼と香辛料の5巻ですが、
借金を背負ったロレンスが取った逆転の一手は…ということで、
今までよりよりシリアスでアクションな展開になってますね。こういうのも面白いなー。
そしてホロは相変わらず表情が良いですが、
加えてこの巻はノーラも良い味を出してますね。
いいところで終わってるので続きが気になります。

ニア・イコールは、
主人公翔の元に並行世界の自分自身だという椿姫が現われて…みたいなお話です。
別世界の同一人物だ、と言われても、たまに過去の出来事が似てるぐらいで
あんまり二人の間に共通点ぽいものは感じないなー、とは思いますが、
単純に不思議な関係の二人をとり巻く人間模様のお話、という風に見てみると、
話自体は結構面白く感じました。
てなわけで、これは続きも読んで見ようかな、と思ってます。

Cinnamon Philosophyは、OSTER ProjectさんのCD第2弾ですね。
trick and treat

プリンセス・カウガール・ショー

マージナル

Around the World

恋色病棟

等、自分が特に好きな曲が固まってる2008年後半〜2009年前半あたりの曲も入っていて、
ようやく出てくれたか!っていう感じです。

ルカルカ★ナイトフィーバーは、
そのまんま実谷ななさんのルカルカ★ナイトフィーバー目当てで購入ですね。

あと、カップリング曲のわがままLove youも、なかなか良かったです。
あ。DVDのほうは元々あまり興味なかったんで、まだ見てないですw

U15'sは作者買いですね。
今回は短篇集ですが、まー全編通してこっ恥ずかしい恋愛モノばっかりですねw
ですがまー、表情や絵がモロ好みなので、楽しんで読めました。
特に気になったお話としては、ニコ生主の話とコインランドリーの話ですかねー。
前者は「ネーヨwww」とかツッコミ入れながら読む感じが、
後者は単純にお姉さんかわいい的な意味で。

〆切様〜は、〆切を擬人化してみたという、何とも面白い発想のマンガですが、
内容は普通の萌えマンガ展開で特に良くも悪くもなく、という感じですね。
しかし絵柄があまり好みじゃないというのもあって、あまり楽しめなかった気がします。
ということで、多分続きは買わないかなー。

初音みっくすは、この巻で完結のようです。
3巻目にしてちょっとパワーダウンしてるかなぁ、という印象が強かったですね。
最後の終わり方も唐突だったし、打ち切りなのかな?とか思ってしまいました。
ともあれ、おつかれさまでした、ということで。

俺妹の7巻ですが、
今までの巻とはちょっと趣が違って、ガチな恋愛修羅場モノになってますねー。
5巻からの伏線をうまく活かしたお話になっていて面白いといえば面白いのですが、
読んでてとにかく疲れた、というか。
そして、6巻ラストとちょっと似てるようでいて、
実は意味が全然違うする気がするラストになってますが、
このまま素直に予想される感じの続きの話になるのかどうか、
色んな意味で楽しみ半分、不安半分というところですかねー。
あと細かいところでは、あやせが完全にネタキャラになってたのにフイタ、とか、
この展開だと麻奈美ファン涙目だろうなー、とか。

posted by げんてん at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

充電したい

今週の買い物:


まじらぼは何となく表紙買いです。
事故で死にかけた主人公がマッドサイエンティストの手によって
じゃがいも人間にされてしまうという、何じゃそりゃな設定で始まるマンガですが、
出てくるマッドサイエンティストがみんなかわいい女の子で、
毎度毎度おバカだったりエッチだったりするトラブルを起こしてくれる、という、
何ともゆるい感じのマンガです。
キャラクターに言動がまともなキャラがいなくて暴走しっぱなしだったりで、
なかなか楽しめました。これは続きも買うかな。

オタリーナの〜は、オタ女子視点の恋愛モノっぽかったので購入。
内容もまさにその通りで、終始微笑ましいというか、
ニヤニヤしながら読ませていただきました。なかなか良かったです。

神宿りのナギはこの巻で完結ですねー。
最後物語の世界に対してしっかりとしたオチを付けて綺麗に完結した、という印象ですね。
また、前作主人公(?)ヴィヴィと今作主人公ナギのお話にもきちんとケリが付いて、
これまた良い終わり方だった気がします。
で、今手元に前作カミヤドリが無いのですが、改めて通して読んでみたいなー、
とか思ってたりします。

KBC-D1BSはeneloop stick boosterの新型、
OWL-ACUS1XはAC電源からUSB電源への変換アダプタですね。
これらは両方共、H31IAやDell Streakの充電に使えないかなー、
と思って購入してみました。
結論から言うと、KBC-D1BSのほうはH31IAのみ可能でStreakはダメ。
OWL-ACUS1Xは両方OK、という結果になりました。
多分ですが、KBC-D1BSのほうは本体側は旧stick boosterと同じもので、
付属のケーブル側に細工がしてあるっぽいということで、
そうなると専用ケーブルでUSBに繁がないといけないStreakではアウト、
ということじゃないかと。
そんなわけで、特殊ケーブル代わりにUSBアダプタを改造したものを使おうかなー、
と思ってAD-3DUSBW9を買ってきた、というわけです。
しかしこちらはまだ作業出来てないのでそのうち、と。

ラベル:マンガ 家電
posted by げんてん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

最期とか

今週の買い物:


ラブんラブはこの巻で完結ですね。
2巻のラストでお話が好転するのかなー、ぐらいに思ってたら、
何だかよく分からない感じでまとまったような、まとまってなかったような、
最後煙に巻かれたような終わり方でした。
楽しかったのは楽しかったのですが、ちょっと消化不良感有りかな。

トランジスタティーセットの3巻ですが、
この巻は商店街のオヤジ達がいい感じで活躍してて、何だか楽しいですね。
パーツ街の空気感みたいなのが感じられて良かった気がします。
この路線で次巻にも期待、ということで。

xxxHOLiCの18巻ですが、
前の巻に比べると小羽ちゃんの出てくる頻度が高かったり等、
若干女子率が上がって華やかさが戻ったかなー、とw
お話のほうはツバサのエピローグに繁がるお話も出てきて、
そろそろ完結なのかなー、という気がしましたね。
というかむしろあまりダラダラせずにスパっと気持ち良く終わって欲しいなー、
とか思ってるのですが、果たしてどうなるのやら。

GEの5巻ですが、
表紙にもなっている晶先輩のお話がメインな感じの巻ですね。
けどこれでひと通り片が付いた感じっぽいので、
次こそユキの話へ、というところですかねー。

オタクの逝き方は、
ニュースサイトか何かで知って気になったので買ってみたのですが、
表紙とかのぱっと見の軽さとは違ってすごい真面目に役に立つ実用書だと思います。
例えば、遺言を残すほどでもないかなー、と思っている人でも、
死んだらこの本を参考にして遺物の処分をしてください、って書いた
メモを残しておくだけでもかなり役に立つぐらい。
色々とオタグッズを持っている人は一冊持っておくといいんじゃないかな、と。

ラベル:マンガ ムック
posted by げんてん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

最近雨が多いです

今週の買い物:


バクマンの10巻ですが、
雰囲気からして主人公2人はとうとう最後の挑戦的な感じなんですかねー。
何はともあれ準備万端、役者も揃った、みたいな感じになってきているので、
今後の盛り上がりに期待したいところです。

紅蓮の花は作者買いですね。
しかし中身はエンタメ作品というよりは、
どちらかというと解説マンガ的な雰囲気が強い印象です。
絵の迫力のおかげでキャラは立ってるんですが、
どうにもお話が説明的すぎてちょっとなー、と。

ラベル:マンガ
posted by げんてん at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

むー

今週の買い物:


私のおウチはHON屋さんは、
実家がエロ本屋な小学生の女の子の話…というだけで発想の勝利、と言いたいところですが、
内容のほうが何というかあまり引っかかるところが無かったというか、
普通すぎて何も頭に残らなかった感じだなー、という感想です。
となるとキャラの魅力で…という話になるんですが、そっちも今いちかなぁ、と。
てことで多分続きは買いませんね。

VOCALOIDを楽しもうのvol.5ですが、
いつも通りPさんのインタビュー記事とか目的での購入ですね。
しかし、何というかインタビュー相手のPさんが固定化してきたというか、
マンネリ気味なのがちょっと気になるところです。
あとついに家や会社の近所の本屋のどこにも置いていないという状態になってしまったので、
今回はamazonで購入しました。最近こういうの増えてきたなぁ。

月姫の9巻ですが、
ついにこの巻で完結かー、と思ってたら、何と終わってなかったというw
内容そのものには満足しているのですが、じらされた感が強いですね。
最終巻楽しみにしてます!

Good Gameは、eスポーツ(しかもRTS)を題材にした、
世にも珍しい内容のスポ根マンガ?ですね。
題材がなかなか新鮮なのと、テンポがなかなかいいのとで
結構面白く出来てると思います。
これは続きも楽しみですね。

Xbox 360用HDMIケーブルですが、
これはHDMI経由の画像出力と光デジタル出力経由の5.1chの併用のために購入、です。
以前色々試してはみたのですが、
HDMI経由での5.1ch出力がどうしてもうまく行かなかったので…というところで。

posted by げんてん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

どうなる

今週の買い物:


バーバ・ヤガーの2巻ですが、
1巻ではひたすら人って恐い、みたいな印象ばかりが強い展開でしたが、
この巻では事件の大枠が見えてきたり、登場人物同士の繁がりが描かれていたり等、
ちょっと救われるような内容になっている気がしました。
このままどんでん返しでも無ければあと1〜2巻ぐらいで完結なのかな?という印象ですが、
どういう展開になるのか続きが楽しみです。

百舌谷さんの5巻ですが、
百舌谷さんの過去話を中心に展開してるのかな?という気はしますが、
なんというかカバ夫の話やら新キャラのモズモズさんのお話やら
色々な話が並行して走りすぎてて何だか読みづらいかなー、という気がした巻でした。
次の巻で色々まとまったりするんですかねぇ。

神宿りのナギは、
何というか2巻にしてようやくお話が見えてきた感じがしました。
以前は雰囲気とかはいいものの、
難解すぎてちょっと読むのがツラい部分もあったのですが、
こんな感じで続けていってくれたらいいなぁ、と。

bモバSIMは前に買った1ヶ月のが切れたので購入。
継続契約するよりも、新規で買ったほうが割り引きがあるから得なんだよなー、
ということで。

ラベル:マンガ 家電
posted by げんてん at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

転換多め

先週と今週の買い物:


モテキ4.5ですが、本編のラストが半端だったので
正直買うかどうか迷ったのですが、一応買ってみました。
主にいつかちゃんを扱ったマンガが半分と、あとはずっとインタビュー記事…。
これは正直コストパフォーマンス悪いなぁ、という印象ですね。

年中無休★サンタさん!の2巻ですが、
正直もう衣裳がサンタ服なところ以外に好きなところを見付けられそうにないなぁ、
って感じになってきたので、この巻で買うの止めることにします。

プリティ☆ベルの2巻ですが、
この巻は1巻に比べると多少筋肉要素控え目?な感じで若干マイルドにw
ギャグのぶっ飛んだ面白さとストーリーの巧みさの奇妙なバランスはしっかり健在で、
非常に面白いですね。今後にも期待です。

妄想少女オタク系はこの巻で完結ですね。
前の巻がやな雰囲気で終わっていたのでどうなるのかと思っていましたが、
最後は気持ちのいいぐらいの大団円なエンドで綺麗に終わってくれました。
いやー、いい読後感でした。最後まで面白いお話をありがとうございました。

脳・内・再・醒はMOSAIC.WAVの新譜ですが、
cosMo@暴走Pが楽曲提供をしている、という点でも注目作な感じですね。
が、表題作の脳・内・再・醒はそこそこ気に入ったのですが、
あとの曲はあまり好みじゃなかった感じで、そこはちょっと残念でしたねぇ。

四季彩の星はゆうゆさん初のメジャーアルバムですね。
収録曲では、
極楽鳥 -bird of paradise-

天樂

飛雷震

あたりとかが結構好きです。
んが、個人的に好きな曲が結構省かれてたりするあたりはちょっと残念かも。

Vocaloanthemsは、
メランコリック

桜前線異常ナシ

あたり目的に買ってみました。まだ聴けてないですが、まぁそのうち。

Light 54ですが、
アキバウォッチで見てそのあまりの色物感に魅かれて思わずポチってしまった次第です。
で、買ったはいいもののまだ接続してないので使い心地とかは良く分かりません。
そのうち使う…かなぁ?w

えんとらんす!は性転換モノなのでとりあえず手を出してみたのですが、
正直表紙から予想が付くとは思いますが、エロスばっかり重視な内容で、
お話の中身そのものは結構いい加減なところが多いなー、という印象ですね。
これはもう1巻様子を見るかどうか、正直微妙なところです。

神のみの10巻は、性転換モノの結編が完結しましたが、
なかなか今までには無い展開で面白かったですね。
で、その次のお話がこれまた別の意味で意外な展開ですが…
これはさすがにギャグすぎてどうなんだろ?という気もしてみたり。
あと限定版のおまけDVDですが、声優のコメンタリーが中心の内容で、
正直期待外れですね。

ラブプラス+の攻略本ですが、
まー一応買っておいては見たものの、
正直あまり中身を見る気がしないので見てないという状況ですw
そのうち気が向いたら見ることもあるかもしれません、というぐらいで。

魔法のいろは!の2巻ですが、
1巻のラストで出てきたキャラ(サキ)がまさかのTS娘という展開で、
これまたハチャメチャ感があって楽しい内容になってますね。
しかしこのペースでお話を続けていくと、
どんどんレギュラーキャラが増えていって収拾付かなくなりそうですが、
大丈夫なんだろうか。

カウントラブルの2巻ですが、
何やらライバルっぽい魔法使いが出てきたり等、一応色々展開はしてるのですが、
どうもやってる内容が毎度同じというか、早くもマンネリじゃね?という気がします。
マンネリでもキャラが立ってれば楽しめるのでしょうけど、
このマンガの場合そこまで魅力があるわけでもないんですよねぇ、と。
もう1巻ぐらいは様子見てみようかと思いますが、このままだとツラいかも。

posted by げんてん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。