2010年09月19日

転換多め

先週と今週の買い物:


モテキ4.5ですが、本編のラストが半端だったので
正直買うかどうか迷ったのですが、一応買ってみました。
主にいつかちゃんを扱ったマンガが半分と、あとはずっとインタビュー記事…。
これは正直コストパフォーマンス悪いなぁ、という印象ですね。

年中無休★サンタさん!の2巻ですが、
正直もう衣裳がサンタ服なところ以外に好きなところを見付けられそうにないなぁ、
って感じになってきたので、この巻で買うの止めることにします。

プリティ☆ベルの2巻ですが、
この巻は1巻に比べると多少筋肉要素控え目?な感じで若干マイルドにw
ギャグのぶっ飛んだ面白さとストーリーの巧みさの奇妙なバランスはしっかり健在で、
非常に面白いですね。今後にも期待です。

妄想少女オタク系はこの巻で完結ですね。
前の巻がやな雰囲気で終わっていたのでどうなるのかと思っていましたが、
最後は気持ちのいいぐらいの大団円なエンドで綺麗に終わってくれました。
いやー、いい読後感でした。最後まで面白いお話をありがとうございました。

脳・内・再・醒はMOSAIC.WAVの新譜ですが、
cosMo@暴走Pが楽曲提供をしている、という点でも注目作な感じですね。
が、表題作の脳・内・再・醒はそこそこ気に入ったのですが、
あとの曲はあまり好みじゃなかった感じで、そこはちょっと残念でしたねぇ。

四季彩の星はゆうゆさん初のメジャーアルバムですね。
収録曲では、
極楽鳥 -bird of paradise-

天樂

飛雷震

あたりとかが結構好きです。
んが、個人的に好きな曲が結構省かれてたりするあたりはちょっと残念かも。

Vocaloanthemsは、
メランコリック

桜前線異常ナシ

あたり目的に買ってみました。まだ聴けてないですが、まぁそのうち。

Light 54ですが、
アキバウォッチで見てそのあまりの色物感に魅かれて思わずポチってしまった次第です。
で、買ったはいいもののまだ接続してないので使い心地とかは良く分かりません。
そのうち使う…かなぁ?w

えんとらんす!は性転換モノなのでとりあえず手を出してみたのですが、
正直表紙から予想が付くとは思いますが、エロスばっかり重視な内容で、
お話の中身そのものは結構いい加減なところが多いなー、という印象ですね。
これはもう1巻様子を見るかどうか、正直微妙なところです。

神のみの10巻は、性転換モノの結編が完結しましたが、
なかなか今までには無い展開で面白かったですね。
で、その次のお話がこれまた別の意味で意外な展開ですが…
これはさすがにギャグすぎてどうなんだろ?という気もしてみたり。
あと限定版のおまけDVDですが、声優のコメンタリーが中心の内容で、
正直期待外れですね。

ラブプラス+の攻略本ですが、
まー一応買っておいては見たものの、
正直あまり中身を見る気がしないので見てないという状況ですw
そのうち気が向いたら見ることもあるかもしれません、というぐらいで。

魔法のいろは!の2巻ですが、
1巻のラストで出てきたキャラ(サキ)がまさかのTS娘という展開で、
これまたハチャメチャ感があって楽しい内容になってますね。
しかしこのペースでお話を続けていくと、
どんどんレギュラーキャラが増えていって収拾付かなくなりそうですが、
大丈夫なんだろうか。

カウントラブルの2巻ですが、
何やらライバルっぽい魔法使いが出てきたり等、一応色々展開はしてるのですが、
どうもやってる内容が毎度同じというか、早くもマンネリじゃね?という気がします。
マンネリでもキャラが立ってれば楽しめるのでしょうけど、
このマンガの場合そこまで魅力があるわけでもないんですよねぇ、と。
もう1巻ぐらいは様子見てみようかと思いますが、このままだとツラいかも。

posted by げんてん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。