2011年01月31日

どーんと

今週の買い物:


今週は、電撃大王GENESISの創刊から連載していたマンガのコミックが
一気に出たので大変なことになってみたり。

シャナの9巻ですが、
前の巻から始まった戦いの続きで、ずっと戦いっぱなしの巻ですね。
なかなか迫力があるのはいいのですが、ラブ分が足りなかったり、
ずっと劣勢でちょっと息苦しかったり等、微妙に読みづらい感じもする巻でもありました。

夢のクロエは、
普段は裁縫屋をやっているクロエが王城でやっている舞踏会に紛れ込んで
おしゃれで周りを圧倒したり、
舞踏会に着ていくドレスの材料を色んな妖精とかから集めたりするお話ですね。
何というか、独特のきらびやかでかつ優しい雰囲気で、見てて温かい気持ちになる作品ですね。

やさしいセカイのつくりかたは、
海外で研究資金を打ち切られた研究者の主人公の悠が、
当座の生活のために日本の女子高で臨時教師をすることになり、
そこで出会った生徒たちとの恋愛を中心とした日常を描いた作品ですね。
話の中心となるのは、実は天才少女だけどそのことを隠している葵と、
一見ギャルっぽい見た目だけど実はピュアで奥手のハルカの2人のヒロインですが、
個人的にはハルカがかわいくて仕方ない感じです。
しかし、お話的には葵がメインヒロインっぽい流れなのが何とも、なんですよねー。
しかしまぁ、今後どう転ぶか分からないので、しっかり見守っていきたいと思います。

ゴッドシーカーは、
かつての英雄の子孫が治める小国の領主とその妹と幼なじみ?の青年の3人が主人公で、
徐々に近隣の大帝国との戦争に巻き込まれていく様を描いたファンタジーな戦争もの、
だと思います。
なのですが、そういうバックストーリーを持ちつつも、
実はヒロインのナナ(領主の妹)と、幼なじみのオヴの微笑ましい恋愛を
ニヤニヤしながら眺めるのがメインなような気もしますw
キャラの表情が活き活きとしていて、なかなか読んでて面白い作品ですね。

ふわっちょこは、帯にパソコン部とか書かれていたので買ってみました。
ですが、中身はほぼパソコン関係ない感じで、
ただただかわいいキャラを愛でるだけな内容の作品でした。
けど、それだけで乗りきれるほどにはキャラが好みじゃないので、
これは続き買わないかな。

すりーさんの3巻ですが、
この巻はとりあえずキネクトネタが一発ギャグとしてはかなりツボにはまった感じがします。
あと、PS1、サターン、64の時代を描いたすりーさん以前や、
レゲーネタをひたすら続けるれげーさん等、色々なスピンアウト作品が載ってて、
全般的になかなか飽きない構成になってて面白かったですね。
次の巻がいつになるのかは分かりませんが、また続きを楽しみにしておきたいです。

Galleria MR6は、
今までメインで使っていたEarly 2008 MBP(15inch)の買い替え用としての購入です。
買い換えた理由はBoot Campでスライドパッドが効かなくなる症状に我慢出来なくなった、
というのがメインだったりしますが、
せっかく新CPUとかが色々出てきたタイミングだったので、せっかくなら最新型を!
ということでこのマシンにしてみました。
週末に頑張って環境移行とかをやって使い始めたのですが、
さすがに今のところはキビキビうごいてくれて、かなり満足な感じですね。
しかし3年前MBPを買ったときは25万ぐらいしたのに、
このスペックのマシンが11万円台で買えるとは、安くなったものだなぁ、と思ってみたり。

posted by げんてん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

まったり

今週の買い物:


ボカロコンピCD2枚は、それぞれ
アンチクロロベンゼン

秘密警察

ネトゲ廃人シュプレヒコール

ドミノ倒シ

あたりが目的で購入しました。
色々忙しかったりでまだ全部聴けてませんが、
他にも結構よさげな曲もありそうな感じですね。

GEの6巻は、
夏休み行事編という感じの巻ですが、
この巻の中に限ればユキとの恋愛が順調に進んでいる印象がある構成になってますね。
ただ、この後またアレだしなぁ、というあたりが、
まぁこのマンガらしいのでしょうけどw

ひみchuの文子さまはこの巻で完結ですね。
結構ネタとしては盛り上がってたように感じたし、面白かったのに、
唐突にブチ切られたような感じはありました。
が、まー最低限体裁を整えて終わったかなぁ、という感じで一応許容範囲かな。
もうちょっと続けられたんじゃないかなー、と思ったのでそういう意味では残念でしたが、
また面白いマンガを見せてもらえれば、と思います。お疲れさまでした。

クライムエッジの3巻ですが、
前巻から続いていたお話に無事結着が付き、さてお次は?と思っていたら、
そちらもまたあっさり結着が付いてしまってちょっとビックリしました。
かなり思わせぶりな登場をしてたキャラだったので、
もう少し引っぱるのかなー、と思ってたのに。
多少残念な気もしましたが、これもこれでアリかなぁ。
そしてラストの引きが超気になる展開になってますね。
ということで、次の巻が楽しみです。

posted by げんてん at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

そこそこ

今週の買い物:


Good Gameはこの巻で完結ですね。
というか、キャラが揃って盛り上がってきて、さぁ続きも楽しみだー、と思っていたら、
何か不自然な書き下ろしマンガがあって、更に作者のあとがきで終わりだと知る、という。
なにこの唐突な打ち切り…な感じです。
うーん、人気出なかったのかなぁ。もったいない。

俺妹のサントラですが、
完全に最終トラックの「めてお☆いんぱくと」のためだけに購入、ですね。
他のトラックは1トラック目がIronyのTVサイズ版で、あとは全部作中のBGMですが、
BGMはまー、一度ぐらいは聴いてみましたがそれっきり、
Ironyは元々フルサイズのCD持ってるし…て感じで。

ハナムラさんじゅっさいは、
少年誌の新人賞を取って以来鳴かず飛ばずで30歳を向えようとしていた
主人公のハナムラが、ひょんなことから携帯サイトでエロマンガを連載し始めることに…
みたいな感じの半実録マンガということのようです。
話の中心になるのは主人公ハナムラと
エロマンガの担当の美人編集白井さんとのやり取りという感じになってますが、
この2人を含めて周りの人達も気持ちが良くてキャラが立っていて、
また、話のテンポも良くてかなり面白かったです。
で、webで続きもやっていますが、そこも含めて一気に読んでしまいました。
これは続刊が出たらまた買うつもりです。

アルカナハート3は、
このシリーズ前から気にはなっていたんですが、
今作でようやくオンライン対戦が出来るようになったということで購入してみました。
で、まだ未開封です。まーそのうちボチボチってことで。

posted by げんてん at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

もうそんなに

先週と今週の買い物:


えー、あけましておめでとうございます。
このblogも2006年からやってるということで、何だかんだでもう5年ですか。
途中からは単なる買い物記録になっちゃってますが、とはいえ結構続くもんですなぁ。

バクマンの11巻ですが、
やっぱりこのマンガは連載バトルが開始されると面白くなるなー、という感じですね。
そしてこの巻のキーパーソンは何といっても岩瀬でしょうけど、
まさかこのキャラがこんなに話を面白くしてくれるとは思っていなかったので、
いい意味で期待を裏切られました。次の巻も楽しみです。

鏡音リン・レンのAppendですが、まー記念というかお布施というか…。
そもそもリン・レンAct.2も一度も持ってるのにインストールしたことないし、
mikiも放置しっ放しだしって感じですしね。
そのうち使うことあるのかなぁ。

ボカロCD類は毎度のことでコミケやその後に買い漁った感じですが、今回は少な目ですね。
Pさん達も最近はあんまりコミケには重きを置いてなくて、
ボーマス中心になってるっぽいのでその影響な気もします。
まだ全部は聴いてないのですが、
とりあえずAVTechNO!さんが、
色々あったけど早々に復帰してくださったようで、ほっとしてたりするところです。

Androidプログラミング入門は、
正月休みに実家でAndroid SDK落としてきてちょこちょこと遊んでたのですが、
web上の情報だけだとちょっと分かりにくいところがあったので、
補強のために購入してみました。
まーボチボチ参考にしながら遊べればな、と思います。

エンジェルフェイクは、
天才科学者(?)の主人公のところに先祖の遺品の美少女ロボがやってきて、
未来を変えるための戦いに巻き込まれていく…みたいなお話っぽいです。
なんですが、どうにも話がとっ散らかり過ぎというか、
読みにくくてあんまり楽しめなかった印象です。
これは続き変わない感じかなぁ。

こみっく☆すたじおは、
マンガ家志望の主人公(相原)はあこがれの格闘マンガ家のところで
住み込みアシスタントをすることになったのだが、
行ってみると、その先生が見た目幼女(いちこ)で…、みたいなお話です。
まー導入としてはそんなバカな、という感じではありますが、
とにかくいちこの行動がまんま子供でかわいく、
さらにたまに過激な行動をやらかしてくれたりするので、
何というかニヤニヤしながら楽しく読める感じですね。
この調子で、あとは表現があまりドギツくならないよう気を付けながら
続いてくれればなー、という感じです。

となりのなにげさんの2巻ですが、
相変わらずなにげさんに癒される素敵マンガですね。
2巻では、妹のレンちゃんが加わって話を引っ掛き回してくれるので、
色々と話の幅が拡がって、更に面白くなったと感じました。
まだ続くみたいなので、今後にも期待です。

posted by げんてん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。