2010年12月26日

まー暮れってことで

今週の買い物:


未来日記11巻ですが、
DVD付き限定版だけ2週間先行販売なんていうアコギな商売にも負けず、通常版を購入。
お話の展開は、ついに由乃の秘密が明かされてクライマックスへ!というところで、
外伝のパラドックスを見てれば予想の付く内容ではありましたが、
描写がしっかりしていて非常に楽しめた気がします。
次巻で完結とのことですが、どんなラストになるのか楽しみです。

こえでおしごと!の5巻ですが、
柑奈の暴走癖がエスカレートしてどんどんエロいことに…。
このネタで続けていくとすると、
そろそろどう収拾付けるの?みたいな感じになりつつありますね。
今後の展開が楽しみなような、不安なような。

アニコイの4巻ですが、
新キャラのミカヅキも、レギュラー陣も共々ぶっ飛んでて面白いことになってますね。
このまま勢いだけで押し切れるうちは押し切っていって欲しいところです。

放浪息子の11巻ですが、
二鳥君が何かを悟ったかのように落ち着いた雰囲気を醸し出していて、
今までの巻と比べるとすごいゆったりした展開な気がしてくる巻になってますね。
しかし、このマンガも小学生編から始まったのが、
もう中学卒業しそうなところまで来てたりして、思えば長いなー、って感じですね。

Snow Leopardですが、
OSをアップデートしたくて買ったのではなく、
ディスクの中に入っているBoot Campのアップデートが欲しくて仕方なく購入、
という感じです。
Windows用のドライバを更新するのに
何で有料のOSアップデートを買わなければいけないのか、と非常に不満な感じですが、
とりあえずドライバの更新によって、
今まで多発していたMacBook Proのスライドパッドでマルチタッチが突然効かなくなる
不具合はひとまず収まったように見えるので、まぁ良しとしておきます。

HATSUNE MIKU CALLENDARは、普通に飾る用に購入です。
しかし、例年はPIAPROカレンダーって名前だったような気がするのですが、
どうして今年は名前を変えたんだろ?

俺妹のBlu-rayですが、
アニメはなかなか楽しませてもらったので、お布施的な意味が一番ですが、
ED曲やキャラコメンタリー映像、書き下ろし小説といったオマケ類も
割とツボを押さえてて良さげだな、と思ったので購入しました。
そして、肝心の中身ですが…とりあえず書き下ろし小説はなかなか面白かったです。
肝心のBD本編は、まだ色々とやることがあって見れてません。
来週あたり暇がありそうな気もするので、その時にでも…。

UCT-002は固定電話ですが、
めったに使わない固定電話とはいえ、たまに掛かってきた時に、
今使ってる電話だとコードが邪魔だったのでコードレスにしたいと思い購入しました。
選択基準は、あまり詳しくもないのでとりあえず見た目と値段です。
とりあえず対した設定もせずにそのまま設置しましたが、
まー多分問題なく動いてる気がしますw

Sweet Homeはこの巻で完結ですね。
1巻から引き続き甘々な展開をしつつも徐々に仲が深まっていく様子が描かれていて、
ほほ笑ましく読んでたのですが、
何かもうちょっと続きが読みたいところで突然終わってしまった気がします。
内容そのものは悪くなかっただけに、ちょっと残念ですね。

でりばり!は宅配マスコットキャラの擬人化マンガですね。
変態な主人公が各ヒロイン?キャラを引っ掛き回してくれるのが
なかなか楽しい感じです。これは続きにも期待かな。

MOONの7巻ですが、
この巻はシュー・ミンミン無双な巻ですね。
申し訳ないけどこのキャラあんまり好きじゃないので、
対決のための前ふりだということで我慢しつつ、続きに期待といったころです。

posted by げんてん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

うへー

先週と今週の買い物:


年末で買い物多い時期なのに1週間サボるとえらいことに…。

おたくの娘さんの9巻は、嵐の前なのか後なのかは分かりませんが、
全般的に力を抜いて純粋に楽しめる内容な巻でしたね。
しかし終わり方を見ると、
この幸せな状況がそのまま続くわけではないことが示唆されてるので、
次の巻ではひと波乱あるんでしょうね。

プリティベルの3巻は、
前の巻のラストからの続きで綾香関係のお話になるのか?と思いきや、
そっちは放置状態で全然別の新たな敵が登場したりで、
ちょっと予想と違う展開になってました。
まーこれはこれで面白いのですが、伏線貼っといていつ回収するのよ!ってことで、
何だか落ち着かない感じですねー。

俺妹のコミック3巻ですが、原作2巻の前半のお話ですね。
しかしまぁ、相変わらず絵に馴れない…ので、
そろそろ買うのやめようかな、とか思ってます。
あと、おまけのあやせフィギュアですが、こちらはなかなか良い出来です。
G's Magazineの桐乃とG's Festivalの黒猫も無事ゲットして、
3体並べて飾ってます。

ユアシェイプは、
Kinect用ソフトがダンエボだけだと夜は遊べなさそうなので、
そんなにバタバタしなくても遊べそう、ということで購入してみました。
しかしこれ、本当にガチなフィットネスソフトで、
ちょっと遊んだだけでふとももがパンパンになるような感じです。
運動にはなるけど、続けていけるのかちと心配だったりw

Crystalloidは、
参加してるPさんにAVTechNO!さん、八王子Pさん、millstonesさん等
好きな方々が多かったので購入してみました。
内容も結構当たりな感じでしたね。

SEVEN GIRLS' DISCORDは、wowakaさんの新譜ということで購入。
とりあえず、
ローリンガール

が入ってます。あとは、リバシブルドールあたりも結構好きな感じでしたね。

まんがの作り方の4巻ですが、
森下が東京に行ったり、恋のライバル?な編集さんが出てきたりと、
色々と話が動いてる感じがする巻でしたね。
とはいえ雰囲気は相変わらずゆるいですが。
まー次からこのメンバーでどう動いていくのか楽しみにしたいと思います。

ももかコミカライズドは、
少女マンガ家志望の女子高生ももかが、
何故か持ち込む雑誌を間違えて萌えマンガ家としてデビューしてしまい…
みたいなお話です。
まー設定としては掴みはオッケーな感じかなー、と思いますし、
絵もなかなか好みではあるので、とりあえず続きも買ってみようかなー、って感じです。

神のみのCDですが、
かのんのハッピークレセントがそこそこ気に入ったので購入しました。
まーアニメ全体の評価としてはそんなに高くもないので
Blu-rayとかは買わないつもりなんですが、
かのんは原作の時から好きなキャラでもあるし、ってことで。

神のみの11巻ですが、
あんまり好きでなかった檜編がようやく終わってさて次は?と思ってたら、
何だかレギュラーメンバーとの日常編みたいなお話でした。
まー次の巻から新章突入っぽい引きにはなってるんで、次を楽しみにしたいと思います。

月姫の10巻ですが、ついにこの巻で完結ですね。
エンディングは何となくもの悲しい感じで終わってしまったなー、と思ってたら、
エピローグっぽいお話があって、そちらはハッピーエンドなのかな?という感じでした。
しかし、今ひとつ展開が掴み切れなかった部分もあったので、
なんとなく最後にしてもやもやした終わり方になってしまった気もしますね。
とはいえ面白い作品をありがとうございました。

すりーさんのドラマCDは、ぶっちゃけジャケット買いです。
しかし、内容に関しては、1枚目のを買った時同様、
良いとか悪いとか以前にやっぱドラマCDとかあんまり楽しめないわ、と再確認。
下田麻美さんの歌うへいろ〜にもちょびっとだけ期待してたのですが、
これもそんなに好きな曲調でもなかったので、残念。
楽しめないと分かってるのにドラマCD買うのは止めとけ、ということですな。

posted by げんてん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

繁ぎと本命

今週の買い物:


IDEOSは、今まで使っていたStreakが最近調子悪くなってきたので、
修理したり次の機種を買ったりするまでの繁ぎに何か一台欲しい、
ということで安くてそこそこ情報も揃ってるこの機種を購入してみました。
まーネットとかで言われている通りというか、
小さくて軽い代わりに解像度とか性能とかの点で微妙、
という点も含めて予想通りという感じでした。
まーでもしばらく凌ぐ用途と考えると、十分かな。

MDT231WGは、ついに三菱のこのシリーズが縦画面対応してくれた!ということで、
発売と同時にポチってしまいました。
一応価格の比較とかもしてみたんですけど、
10%ポイント付くようだったので安売り店と大差ないかもなー、
ってことでヨドバシで購入。
まだSTGとかでバリバリテストはしてませんが、
少なくとも発色とかは、今まで使ってたW241DGより全然良いですね。
これでしばらくゲーム用モニタは安泰かなぁ、という感じです。

まかまかの2巻ですが、
1巻から相変わらずというか、キャラのぶっ飛び具合が楽しいです。
しかし、本編よりも巻末のおまけマンガのほうが面白かった気がしたのは、
いいんだか悪いんだかw

妄筆ハルシネーションは、何となくマンガ家モノっぽかったので買ってみたのですが、
内容は女性マンガ家が自分の肉体を参考にエロくて熱いマンガを描く、といった感じで、
何というか濃厚で暑苦しいエロス全開な内容でした。
どうせならこれ18禁でやれば面白そうなのに…という感じで、
一般誌でのこの手のやつは避けておきたい感じなので、次は買わないつもりです。

ironyは、表題作のために購入、ですね。
まーkzさんだし、俺妹も面白いし、ってことでご祝儀的な感じです。

ねこむしのあしあとは、猫虫さんの新作ということで作者買いです。
特にこれが目的!とか無かったんですが、
繰り返し一粒

あたりがなかなかいいかなー、と思いました。

posted by げんてん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。