2010年04月25日

おじゃまするし!

今週の買い物:


猫神やおよろずの3巻ですが、
何か急にシリアスな事件がおっぱじまったというか、長編のお話になりそうというか。
とりあえずこのマンガに自分が求めていたのとは違う展開になり始めたので、
この後どうなるかちょっと不安です。

現代視覚文化研究のvol.4ですが、
巻頭のオタク10年史とか、痛車とかツイッターの話とか結構素直に楽しんで読めました。
んが、今回の号は男の娘だとかロリコンだとかコスプレ風俗だとか、
微妙に外で読むのをためらってしまう系のネタの率が今までの号より多かった印象がw
個人的にはあんまりそっちに偏りすぎないで欲しいなー、という気はしますけど、
今後どうなるのやら。

箱○版ケツイは、大往生のドタバタもあって1年近く延期してましたけど、
とりあえず遊んでみた感じではロードの問題なんかもないし、
良く出来てるという印象です。
しかしやっぱりこのゲームは難しい。
アーケードでも全然歯が立たなかったんで、分かってたことではありますが。

アニコイの3巻ですが、
ここに来てアニメを作るお話になってきたおかげか、話の流れが分かりやすくなって、
結果面白くなってきたような気がします。
ただダラダラしてるだけの部活マンガも好きなんですが、
どーもこのマンガに関しては、そっち方面ではあんまり楽しめなかったんですよね。
てことで、今の流れでの今後に期待ということで。

xxxHOLiCの17巻ですが、
マンガの雰囲気とかはいつも通りといえばいつも通りなんですが、
侑子さんがいないこと、ひまわりが出てこないこと等が相俟って、
どうにも華やかさに欠ける印象が。
そういやツバサとの連携が終わってしまったので、
大きな話の流れみたいのも見えにくくなった感もありますね。
本当今後どう着地させるんだろう、この話。

咲の7巻ですが、まずは、やっと出たー、という感じ。
そしてこの巻の序盤、県予戦団体戦決勝の決着まではほぼアニメ版と同じような展開ですが、
その決着が付いたあとの台詞あたりから既にアニメとは違った視点からの物語になっていて、
これがまた心温まる感じで良い展開ですね。
主に衣を中心とした話が展開しているのですが、
正直あんまり好きでなかった衣のことがちょっと好きになれた気がします。
あと、この巻の咲は変にウジウジしてなくて良いですね。
そして、この巻でもやっぱり、池田はかわいくてウザくて最高でしたw
あぁ、早く続きが読みたい…けど、刊行ペース結構遅いんですよね、このマンガ。

posted by げんてん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

新規もいい感じ

今週の買い物:


となりの柏木さんは、
クラス一番の美人の女子が実は隠れオタクで、
自分だけがその秘密を知ってしまい…という、最近よくあるお話ではあるのですが、
その属性がpixivそっくりのお絵描きSNSの絵師というあたりがマニアックですね。
展開もまんま王道でありきたりではあるのですが、
絵もかわいいしシチュエーションも面白いのでこれはこれでアリだと思います。

Hello Goodbyeは、主に
マリオネットシンドローム

あたりを目的に購入。
で、聴いてみた感じですが、他の曲はどっちかというと明るい感じの曲が多くて、
むしろマリオネットシンドロームのほうが作者的に例外な作風なのかなー、
という印象でした。

魔法のいろは!は、
未来の自分の娘(魔法少女)がタイムトラベルして現代にやってきて、
処刑される運命から主人公を救おうとする…というお話なんですが、
ぶっちゃけ魔法を絡めたラブコメ風ギャグマンガな感じです。
結構展開がおバカで単純に楽しめるので、なかなか良い気がします。

ハヤテのごとく!は、
ようやくアテネ編にひと区切りついたというか、
この2冊だけをとってみたら、何この中2系バトルマンガwって感じでした。
これはこれで面白かったとも言えるのですが、
個人的にハヤテに望んでるのはこういうお話ではないのでツラかったのも事実ですね。
ともあれ、24巻の終わり方が結構今後に期待出来そうな、
なかなか良い終わり方ではあったので、今後に期待したいところです。

神のみの8巻ですが、まずはアニメ化おめでとうございます。
そしてコミックに付いてる帯の裏側に書いてある内容がハンパないです。これは必読。
で、中身のほうはというと、今回はちょっと変化球っぽい内容が多い印象ですね。
まーたまにはいいかな、と思いつつも、
ここまでが凄い勢いで楽しませてくれた作品だったので、
ちょっと息切れぎみに映ってしまったのもこれまた事実。
あとこの巻は桂馬のセリフに今ひとつキレが感じられなかったんですよねー。
やっぱ神にーさまの素敵なセリフあってこその神のみだと思うので、
ここは頑張って欲しいところです。

posted by げんてん at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

落ち着いた

今週の買い物:


おと×まほの3巻ですが、
バトル充実、かつ、今後の展開に繁がりそうな色々なことも見えてきたり、
で面白くなってきた感じです。
そして、2巻とは打って変わって彼方の行動が男らしいというか、
凛々しいというか、そんな印象を受けますね。
外見は相変わらず女にしか見えないので、そのギャップも面白いです。
今後にも期待。

posted by げんてん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

ノリが違う

今週の買い物:


偶然とはいえ、珍しく技術書が固まってるなぁ。

狼と香辛料の4巻ですが、
前のお話で大儲けしたと思ったら信用買いで一転…みたいなお話になってて、
その様々な局面での主にサブキャラ達の表情がなかなか深くて面白いです。
一度この巻の最後まで読んで筋が分かった上で見直してみると、
あー、あの時のこの表情はそういう意味だったのか、みたいな感じで。
そしてこの後話がどう転がっていくのか、非常に楽しみですね。

ダブルスポイラーは久々の東方シリーズ購入。
本編についてはもう長らく遊んでなかったのですが、
これは前作の東方文花帖のシステムが大好きだったので購入してみました。
で、ちょこちょこ進めてますが、
やっぱりボスの弾幕の間をすり抜けて特攻して撮影するという独特のシステムが、
緊張感があって面白いですね。

ガベージコレクションのアルゴリズムと実装は、
単純に内容に興味があったのと、ネットで評判が良さげだったので買ってみました。
まだ読んでませんが、まーそのうち。

マスターボックス6は、MAシリーズの曲の全キャラゲーム版音源CDですね。
まーとりあえずゲーム曲の声はひと通り抑えておこう的な感じです。
これは来週のんびり聴いてみるつもり。

ゲームコーディング・コンプリートは、
ゲームプログラマの業務について網羅的に語った本ということで、
役に立つところも多いかなー、と思って購入してみました。
ビルド/初期化・終了処理/データロード・キャッシング/メインループ/デバッグ とか、
他の本だとあまり書いてないような内容があるのが嬉しいですね。
とはいえまだ中は読んでないので、本当に使えるのかどうかは見てから判断しないと、ですが。

プログラマのための文字コード技術入門は、
この手の情報については調べれば色々と出てはくるものの、
網羅的に扱ったものはなかなか無い状態なので、
手元に1冊置いておきたいな、ということで購入。
これまたまだ読んでませんが、まーぼちぼち読んでみたいとは思います。

posted by げんてん at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。