2009年07月26日

濃密ー

今週の買い物:



ゲーム屋さんのメイドさんは、題名が気になったので買ってみたのですが、
正直絵も微妙だしお話もよろしくないし…ということで失敗でした。

まいなすリテラシーは、この前読んだよくわかる現代魔法のコミック版が面白かったので、その流れで購入。
よく出来たドタバタコメディでテンポも良く、最後まで勢いで読める感じで良い作品でした。
ただ、キャラがちょっと現代魔法のキャラと見分けが付かないというか、
パーツを入れ替えただけにしか見えないのはご愛敬でしょうかw

Project DIVAのサントラはDear cocoa girlsとか、マージナル

とかあたりが主に目的で。
そういえばkzさんの二曲(Far AwayとStar Story)はGAME editになってますが、
そのうちフル版が入ったアルバムでも出るんですかねー。

ノロマジョは何となく表紙買いだったのですが、
お話がごちゃごちゃして分かりにくく、
あんまり面白いと思えなかったので、多分続き買いません。

百舌谷さんの3巻は、夏休み編のまとめということで、
いやー、この巻通してのお話の繁ぎ具合とか演出が凄くて読んでて圧倒されますね。
非常に深くて楽しいです。
が、ほぼギャグが無い展開なので、そっち方面に期待してる人にはツラいのかも?
(センターカラーの部分のお話はある意味笑えるのかもしれませんがw)
とにかく素晴らしかったです。続きにも期待。

アイマスねんぷちのvol.2ですが、
主に春香、やよい、あずささんあたりが欲しかったので…というあたりで。
相変わらずかわいいのですが、何かvol.1より個々のパーツの作りが多少雑な気も。

言葉フィギュアですが、
言葉様バージョンの顔と、パンパンに膨らんだカバンが付いているというギミックに釣られて購入です。
出来はなかなかだと思いますが、飾っておくと呪われそうな気がしたりするのが欠点かもw

数学ガールはこれで完結ですかね。
相変わらず数式部分は真面目に読まずにさらっと雰囲気を楽しむ感じで読んでみましたが、
なかなか良い読後感ではありました。
しかし、終わり方はちょっと消化不良?な気も。
まー原作はまだ続いてるみたいですし、というところでしょうか。

放浪息子の9巻は、前の巻の終わりが衝撃的な終わり方をしたのを受けて、
ものすごいドロドロ展開ですね。
各登場人物の心情とかがつぶさに感じられる描写もあり、非常に面白いです。
連載のほうでもこの後まだすっきりした感じにはなっていないので、
今後どうなるんだろうなー、と楽しみですね。

posted by げんてん at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

おつかれさまでした

今週の買い物:



LONG TIMEは全曲新曲のCDということで内容に不安もありましたが、
公式サイトで試聴をした上で購入してみました。
結果、今までのアイレディのCDと比べた場合若干落ちるかなー、
という気もしましたが悪くは無かったです。
ただ、今回トークパートは一切入ってませんので、そっち目当ての人は注意。
それよりも、これでアイレディがお終いだそうで、
どちらかといえばそちらのほうが残念ですね。
このペアのCD好きだったのでまた何か別の形でででも出してくれたらなー、と思います。

よくわかる現代魔法は6巻と1巻でややこしいですが、片やラノベ本編、片やコミカライズ版です。
7月からアニメ化されるにあたって色々出てたのに今さら気付いたので、
慌てて買ったという次第なのですが、
本編の6巻は実に前の巻から3年ぶりぐらい?ということで、
どういう展開だったかすっかり忘れてた部分があったりして、若干戸惑いましたw
内容自体は新章の立ち上げっぽい話に見えたので、また続いてくれそうという意味で期待です。
あと好きな言葉遊びは相変わらず健在のようで安心しました。
コミック版ですが、オリジナルの話と本編準拠の話がいい感じにブレンドされてて、
読んでてなかなか楽しい仕上がりになってると思いました。
これまた続きが楽しみです。
で、アニメ版のほうは…1話を見ただけの感想だと、ちょい微妙かなー。
とりあえずもう何回かは見てみるつもりではありますが。
で、コミック版とアニメ版の共通点として、
美鎖があんまり活躍しないなー、というのが個人的に気掛かりです。
どうしても見た目の都合上こよみと弓子を中心にしたほうが華やかだからなんですかねー。

あまだれ!の2巻は、
1巻より面白くなってきたなー、と思って読んでたら、何とこの巻で終わりのようで。
作者の方があとがきでキャラを動かしにくかった、と書かれてたりするので、
続けるのが難しかったのかもしれませんが、残念です。
とはいえ面白い作品ありがとうございました。また次にも期待を。

Shangri-Laですが、主にsiGrE

あたりを目当てに購入。他にも桃源郷

あたりもなかなか良かったです。

神のみぞ知るセカイの5巻ですが、
前の巻で先生(純)のキャラクターがあまり好きでなかったので、
正直期待してなかったのですが、いい意味で裏切られました。
桂馬のセリフがますます格好良くなってる感じです。さすが神様。

ハヤテのごとく!の20巻ですが、
バカンス編ということで久々にナギ大活躍の巻。
ここしばらく影が薄かったので、ナギ好きとしては非常に嬉しいです。
それにしても4巻のおまけマンガがここに繁がるとは…
劇中でたった数ヶ月進ませるのにえらい時間が掛かったもんだなー、と。
ある意味感慨深いものがありますねw

posted by げんてん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

ガラーン

今週の買い物:


何というかいろいろ後手後手。

正しい国家の創り方。の3巻ですが、ゆうきはすっかりオタクが板に付いちゃった感じですねー。
それで話が成り立つのかな?とも思いましたが、
サブキャラの話を描きつつ、
次の敵キャラ(流先生とゆうきを引き離そうとするキャラ)が登場するということで、次に繁ぐ模様。
んー、このパターンも2回目ということで、うまくやらないとマンネリじゃね?とも思いますが、
まぁとりあえずは続きを読んでから判断というところでしょうか。

タグ:マンガ
posted by げんてん at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

踊れ踊れ〜

今週の買い物:


珍しく本買ってない…けど買い物は相変わらず多い気が。

Dance×Mixerはお手軽に3Dダンス動画を作れるツールです。
同様のツールにはほぼデファクトスタンダードと言えるMikuMikuDance(MMD)がありますが、
MMDがモーション付けやモデル変更等全てユーザが自前で用意するのに対して、
Dance×Mixerは用意されたダンスのパーツやキャラのパーツを
組み合わせ/カスタマイズしてより簡単に作れる、というのが売りのソフトですね。
実際使ってみた感じ、1曲の動画を作るのに3〜4時間程度見積もっておけばいいかなー、
という程度なので、MMDよりかなりしきいが低いのは確かです。
ただ、やたらツールの動作が重くて不安定とか、
モーションやカメラで色々制限が多く融通が効かないところがあるとか、
そもそも有料&オンライン認証必須とか、別の点で敷居が高くなっちゃってるところも多いです。
この辺は公式のアップデート予定とかを見るとおいおい改善されていく部分もあるとは思いますが、
現時点では1勢力として生き残れるのかどうか未知数という感じですかねー。
まー個人的にはβテストから結構楽しめたので特攻してみましたがw

sacred gardenはぺぺろんPの新作ということで購入。
KAIKOオリジナル「subspecies」

初音ミク・鏡音リン・レンオリジナル「雪の精霊たち」

KAITOオリジナル「カギロヒ」

鏡音リン・MEIKOオリジナル「アミュレット」

あたりが特にお気に入りです。

MASTER SPECIAL 05ですが、
あずささんと真なら歌的な意味で外れは無いだろう、と思って購入。
だったのですが、今回はちょっと選曲的に好きじゃなかった印象でした。
shiny smile(REM@STER-A)は良かったですが、それぐらいかなー。

Project DIVAはゲーム自体はもちろん、エディットモードにも興味があって購入したのですが、
ゲーム本編は処理落ちが気になるのと、アンロックがちょっと面倒だと感じましたが、
なじみのある曲でダンスを眺めながら音ゲーを遊べてなかなか楽しかったです。
(PVに気を取られているとボタンを押し損なうという罠もありますが、それはそれでw)
で、エディットですが…どうもタイミング的に上に書いたDance×Mixerと較べてしまって、
操作性の悪さとかダンスの繁ぎの悪さとかが気になってあまりやる気が起こらないという状態にw
なので、ひとまず人の作ってくれたデータで遊ぶだけにして、
ダンス作成的な意味ではDance×Mixerを優先しようかなー、という気分です。

リンのフィギュアですが、
ねんどろいどとかの小さいフィギュアはともかく、
これみたいな大きいフィギュアは置く場所も困るので、
出来るだけ買うの避けてたのですが…かわいさに負けてしまいましたw
とりあえずこのフィギュアは表情がすばらしいです。
KEI氏のオフィシャル絵が好きな人には受けが悪そうな気もしますが、
個人的にはこっちの生き生きとしている表情のほうが好みですね。

posted by げんてん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。